【22年チーム員紹介】今村駿介

それぞれの魅力、強さが光るTEAM BRIDGESTONE Cyclingのメンバー達。

新体制で臨む2022年の初めに、競技のことから私生活のことまでそれぞれの人間性が垣間見える質問を投げかけてみました。

ç°ë∫BS2022_imamura_2_10.jpg

今村駿介 Shunsuke IMAMURA

1998年2月14日生まれ。福岡県出身。

ーーニックネームはありますか?

「今村」が多いですが、「いまむー」だったり、以前は「ちゃむ」と呼ばれていたこともありました。最近は後輩も増えてきたので今村さん・今村先輩とも呼ばれます。

ーー趣味は?

映画をよく見ますね。アクション系、マーベル、ミッションインポッシブルなどが好きです。音楽も聴きます。あとは、小さい頃ジョッキーになりたかったので競馬は昔から好きです。ピアノは3歳から高校三年生まで習っていました。

ーー2022年度の目標を教えてください。

トラックの世界選手権のオムニアムで8位以内、そしてネイションズカップでメダルを取ることです。現状に満足せずフィジカルを高めていくということは大前提としながら、トラック競技の戦術を磨いていきたいと思います。

ーーレースの観戦ポイントを教えてください。

チームとして戦略を立てて、それぞれのメンバーが役割を持って動いているシーンも多いので、ゴールシーンだけでなくって途中の過程にも注目して見て欲しいなと思います。

ーーチームの中での立ち位置は

年齢的には真ん中くらいの年なので先輩とも後輩とも仲良くしていると思います。

先輩たちに隠れつつも、要所要所で存在感を出していきたいなと思います。

ーーよく使う絵文字

絵文字はあまり使わないのですが、LINEのスタンプはよく使います。LINEプレミアムというスタンプ使い放題のサービスを登録しているのでスタンプは色々使っています。

ーー好きな食べ物

馬刺し よく食べます。キロ単位で買って200gづつ小分けにして冷凍しています。麺類も大好きです。

BS2022_imamura_int_4.jpg

ーーオフの時何しているか

オフの日はしっかりと休むようにしています。なので、マッサージに行ったり昼からお風呂に入ったり料理したりと言う感じで過ごすことが多いですね。

本を読むこともあるのですがぼーっとしている時間もあります。

YouTubeは基本的に関連動画に上がってくるものを見るんですが、音楽も聴きますし、筋肉、栄養系のものは見ます。競馬も野球のファインプレー集なども見ますね。

ーーファンの方に伝えたいこと

ピットでのチームの雰囲気であったり、ロードレース中の隊列の順番や、トラックレースでのスピード感、駆け引きに注目していただければと思います。

また今年は、SNSの発信も増やしていければと思うのでチェックしてもらえると嬉しいです。

ーー最後に一言

今年以上に良いリザルトを残し、フィジカルも強化して行きたいと思います。

Interview&Text: Lynn Watanabe Photo: Satoru Kato

最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ