ペースの上がった最終の力勝負に遅れ孫崎22位【群馬ロードレース8月大会/交流戦 Day-2】

ペースの上がった最終の力勝負に遅れ孫崎22位【群馬ロードレース8月大会/交流戦 Day-2】

(孫崎)

レース名:群馬ロードレース8月大会/交流戦 Day-2
開催日:2020年8月23日(日)
開催地:群馬県 群馬サイクルスポーツセンター 6kmサーキットコース
コース長:120km = 6km x 20周
TEAM BRIDGESTONE Cycling参加選手:石橋学、今村駿介、黒枝士揮、沢田桂太郎、徳田優、橋本英也、孫崎大樹

photo: Satoru KATO
2020年8月23日に行われた、群馬ロードレース8月大会/交流戦 Day-2にて、TEAM BRIDGESTONE Cyclingの孫崎大樹が22位となりました。集団の好位置から最後まで上位に粘りましたが、最後『心臓破りの坂』で遅れてのゴールとなりました。


(今村)

2日間の連戦となった『群馬ロードレース8月大会/交流戦』。Day1のレースは、レース序盤に雷雨が発生し、キャンセルとなっています。

このレースは『交流戦』です。通常、最上位Pクラスタのみの戦いとなるJプロツアー シリーズですが、交流戦はアマチュアのE1クラスタ選手たちも交えてのレースとなります。ロードレースは、とくに危険回避のため、集団でのマナーが重視される競技、クラスが異なる選手との混合レースは接触も起こりやすく、いつもとは違った気配りも必要になります。

「交流戦という位置付けもあって、レースを現実的に勝ちに行くというより、普段できない動きを行うというイメージでの参戦でした」(六峰監督)


(沢田、黒枝)

群馬CSCのコースは、上りと下りのメリハリがあり、しかもスピードの出やすいコース。レースは序盤から終始スピードの高い展開となり、集団は伸びながら周回ごとに後方選手を振りちぎります。

レース中盤に集団は5名の逃げを容認し、終盤にかけてその差を詰めていく図式に。残り3周で集団は5名を飲み込み、このタイミングで個々の選手が渾身のアタックを繰り返していきます。数名の選手が逃げを試みては吸収され、激しく揺さぶられながら集団は細く伸び、速度を上げ全てを飲み込み、最終勝負へと向かっていきます。


(橋本)

速度の上がる集団前方で粘り続けたブリヂストン選手は、今村駿介、孫崎、橋本英也、徳田優の4名。最終周回に向けてチームでの動きが始まりますが、ラスト1周を前に橋本がパンク、中盤にも先頭を引くなど上げ調子でペダルを回してきた橋本なので残念でしたが戦線を離脱。徳田は他チーム選手の逃げを積極的に潰しつつ今村と孫崎を前に送り込みます。


(橋本、徳田)


(孫崎、今村、徳田)

上がる集団速度、ゴール前の通称『心臓破りの坂』にさしかかり、10名ほどの選手がさらに伸び上がり優勝争いを始めます。ブリヂストン2選手は、最後のこの勝負に絡みきれず、後方集団に遅れます。ゴール直前に発生した落車に巻き込まれる形ともなり、2名とも怪我はありませんでしたが順位を大きく下げることとなりました。


(孫崎)

「速度が速く、集団が伸びてこぼれる選手も多く、本当にもうバラバラという感じでしたが、ラスト半周ぐらいからずっと攻撃がかかっていました。そこは耐えたんですが、最終周の心臓破りの坂のところ、力足らずの部分があって、僕と今村はそこに反応しきれず、後の集団に飲まれました。最後は力のある選手が、力で前に行ったという感じでした」(孫崎)

常とは異なる今シーズン、その状況の中で、なかなか本調子がつかめないチーム。もがきながらあがきながらも、自分と仲間を信じて勝利に向かい走るブリヂストン選手に、皆様の声援による後押しを、なにとぞよろしくお願いいたします。

【リザルト】
1 石原祐希(Hincapie LEOMO Bellmare Racing Team)2:51:46.890
2 レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ)+0:01.105
3 河賀雄大(eNShare Racing Team)+0:01.142
22 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0:12
40 今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0:50
43 徳田優(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0:57
58 橋本英也(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+5:45
116 沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE Cycling)-13周
118 黒枝士揮(TEAM BRIDGESTONE Cycling)-13周
126 石橋学(TEAM BRIDGESTONE Cycling)-13周

最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ