【トライアスロン】代表候補選考大会がウイルスのため延期に:上田選手の選考はまだ未確定


Photo: Janos Schmidt / ITU Media :: 2019 Nur-Sultan ITU Triathlon World Cup

TEAM BRIDGESTONE のブリヂストン・アスリート・アンバサダーである上田藍選手(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)が3月6日に出場予定だった、世界トライアスロンシリーズ(WTS)アブダビ大会が延期されました。

この大会は女子の日本代表選考大会として考慮されていたため、アブダビ大会の開催が選考期間である5月11日までに間に合わなかった場合、4月18日に開催される、ITU世界トライアスロンシリーズ(WTS)バミューダ大会を、女子の日本代表選考大会として検討される模様です。

>>https://www.jtu.or.jp/news/2020/02/29/6896/

2月29日、国際トライアスロン連合(ITU)からの発表があり
東京2020オリンピック競技大会トライアスロン競技の日本代表選手選考大会の一つであるITU世界トライアスロンシリーズ(WTS)アブダビ大会が延期となりました。


国際トライアスロン連合(ITU)は、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビスポーツ評議会と協議し、2019-nCoV(新型コロナウイルス)の発生を取り巻く不確実性のため、次の3大会を延期する決定を下しました。

・ITU世界トライアスロンシリーズ(2020/アブダビ)
・ITUパラトライアスロンワールドカップ(2020/アブダビ)
・ITU世界ミックスリレートライアスロンシリーズ(2020/アブダビ)

上田選手が日本代表候補選手として、東京2020オリンピックに出場できるかどうか、その決定はもう少し先となることになりました。



最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ