●2020年チームが使う名品 -- 【ブリヂストン トラック中距離フレーム】選手たちの感想

●2020年チームが使う名品 -- 【ブリヂストン トラック中距離フレーム】選手たちの感想


東京2020オリンピックでのメダルを目指し、ブリヂストンサイクルは新たなるトラックフレームを開発してきました。オムニアム、チームパシュート、マディソンといった中距離種目のためのフレームは、そのデビュー戦となった昨年9月の全日本選手権で、4kmチームパシュートの日本記録を更新しました。



剛性、空力、重量、接地。この四つの要素をPROFORMATのシミュレーションを使って、再現し、開発を進めました。物理的な重量は間違いなくこれまでの自社トラックフレームでの最軽量。さらに空力性能なら風洞実験で、フレーム単体も研ぎ澄ませていますが、ハンドルやシートポストといったパーツまで一体と考え、全体な完成度を高めました。



これまでの自社製中距離用フレームよりも空気抵抗を削り、さらに重量も軽くなっています。しかしそれは単なる数字の要素であって、削ったのは出力の結果となるタイムです。全体から少しずつ、薄皮を削ぐように研ぎ澄ませていきました。



結果、このバイクはデビューから半年経たないうちに、チームパシュートでの日本記録を2度も更新しています。バイクの性能は、その結果が示してきています。2020年2月26日よりベルリンで開催の2020年トラック世界選手権でも、さらなるタイム、日本記録の更新を目指します。

世界のトラックレースシーンにこの中距離フレームと共に挑むブリヂストン選手たちの、自転車への感想です。

「ライバルがライバルじゃなくなる感覚」 *橋本英也

 まずは『いい』という印象です。ライバルがライバルじゃなくなる感覚、格段にスムーズに走ります。スムーズというのは、上がったり下がったりするレースのスピードに合わせやすい、自分の思い通りに走れるということです。加速もいいし、レスポンスもいい。軽さと反応性に優れたフレームです。

「さらに記録を塗り替えていけると確信」 *窪木一茂

 新フレームの開発が進んでいるという話を聞いた時から、新しいフレームに乗るのをワクワクして待っていました。実際に大会の直前にフレームを受け取って、ポジション出しをしている段階から、今までの乗り心地と全く違っていました。

 実際にレースを走ってみると、フレームの剛性力、推進力が丁度良いバランスで、レースバイクに適したフレームだというのを認識しました。このフレームと共に、2020年もさらに記録を塗り替えていけると確信しています。


「今までだったら、回すのがキツかったギアでも回せます」 *近谷涼

 簡単に言えば、自転車が進みます。この進むというのは、かけたいギアと回したい回転数とが噛み合うということです。

 車体も軽くや剛性のバランスも良いので、重めのギアをかけても回せます。今までのフレームだったら、これは回すのがキツイなというギアでも回せてしまうんです。

 ブリヂストンのいろんなノウハウが入っているんでしょうね。フレームの一つ一つの部品が、細部に至るまで丁寧に作られているなと思いました。「あとはエンジンががんばらなくては」という感覚です。


「浮いていると言うほどではないですが、かなり軽く進みます」 *今村駿介

 今まで乗っていたフレームよりも軽くて硬さもあり、空気抵抗的にもだいぶ減っていると思います。新しい武器として戦えていると感じています。

 これまで感じていた路面への粘り気というのが減り、浮いているというほどではないですが、かなり軽く進んでくれるなという印象があります。


「軽く反応もよく、剛性も高くパワーロスはありません」 *沢田桂太郎

 結果が物語っていると思います。軽いので反応がよく、軽いからといって剛性も高くパワーロスがありません。今までのフレームとは別物だなと感じますし、各国の強豪たちが乗るフレームに比べても劣っていないなと感じています。

フレームは世界と戦えるレベルまで来ているので、あとは僕ら次第ですね。



2020年世界選手権、大会スケジュールは、こちらの記事↓に掲載しています

>>【2020トラック世界選】ー 東京大会への枠取り最終、チーム選手7名が出場
https://www.bscycle.co.jp/anchor/blog/2020/02/2020-TrackWCS-roster.html

jcf0000.jpg

最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ