【ITUパラトライアスロン ワールドカップ東京】PTS4谷選手が2位、PTS2秦選手は5位に

ITUパラトライアスロンW杯東京大会/PTS4谷選手が2位、PTS"秦選手は5位

(谷選手)


レース名:ITUパラトライアスロンワールドカップ(2019/東京)
開催日:2019年8月17日(金)
開催地:東京都・お台場海浜公園
コース長:ラン2.5km、バイク20km、ラン5km

photos from: Triathlon.org


2019年8月17日(金)、東京都・お台場にて行われたITUパラトライアスロン ワールドカップ東京大会に出場したTEAM BRIDGESTONE アスリート アンバサダーの谷真海選手(サントリー)がPTS4クラスにて2位、秦由加子選手(キヤノンマーケティングジャパン・マーズフラッグ/稲毛インター)がPTS2クラスにて5位を獲得しました。スイムがキャンセルとなり、デュアスロン方式での開催でした。



(左:谷選手)


東京2020パラリンピックのテスト大会も兼ね、本大会の会場となる東京都・お台場海浜公園での開催となった、パラトライアスロンのワールドカップです。当日の水質検査にて、基準値以上となる大腸菌の数値が出たことからスイムが中止。ラン2.5km、バイク20km、ラン5kmのデュアスロン方式で開催されました


スタートの朝8時30分にはすでに30度ほどの暑い気温となった当日。PTS4クラスを走る谷選手は今シーズン、トランジションのタイムを短縮するため、バイクとランで同じ義足の使用を試していました。しかしラン用の義足でバイクに乗るのは難しく、この大会からはそれぞれの義足に戻すことになりました。谷選手はレース後にこの大会について「ラン、バイク、ランというのはいつも以上に脚の負担が大きかった」と話しています。


(左:谷選手)


それでも、勤務先であるサントリーの前もコースとなっている大会だったことで、「コースでの途切れることない応援がなかったら、最後のランで棄権していたかもしれません。"ホームっていいな"と実感しました。東京パラの開催クラスPTS5とのタイム差も大きく、モチベーション管理が難しいと感じることもありますが、やはりここは私のホームと実感。来年出られることを信じて、前進していきたいです」と語っています。(出典はこちら

リザルト PTS4 女子
1. Kelly Elmlinger (USA) 01:10:15
2. Mami Tani (JPN) 01:15:14
3. Sharon Dagg (NZL) 01:23:42



(左;秦選手)


PTS2クラスに出場した秦選手、第1ランではライバル選手たちについていきましたが、バイクパートにて義足のソケットに汗がたまり、ペダルに思うように力を伝えられなかったと報じられています。

「普段の練習ではしっかり強くペダルを踏めている。これだけの暑さの中で練習することはない」と悔しいコメントを残した秦選手ですが、1年後の本戦に向けて「たくさんの応援を結果に残せるようにしっかり積み重ねていって、来年は表彰台に立ちたいと思います」。

リザルト PTS2 女子
1. Hailey Danz (USA) 01:18:11
2. Fran Brown (GBR) 01:19:04
3. Liisa Lilja (FIN) 01:24:06
5. Yukako Hata (JPN) 01:34:48



最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ