2020トラック全日本選手権 11/7 男子オムニアムに本大会代表内定選手の橋本が優勝

2020トラック全日本選手権 11/7 男子オムニアムに本大会代表内定選手の橋本が優勝

2020トラック全日本選手権 11/7 男子オムニアム

レース名:第89回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース
開催期間:2020年11月5日~8日 
開催日:2020年11月6日(金)
開催地:群馬県前橋市・ヤマダグリーンドーム前橋
競技種目:男子オムニアム
TEAM BRIDGESTONE Cycling参加選手:窪木一茂、近谷涼、徳田優、橋本英也、孫崎大樹

2020年11月7日(土)、2020年トラック全日本選手権での男子オムニアムで、東京2020オリンピックでのこの種目の代表内定選手であるTEAM BRIDGESTONE Cycling橋本英也が優勝しました。2021年の本大会に向けて仕上げてきたパフォーマンスを存分に見せられたレースとなりました。

photo: Satoru KATO, team camera


男子オムニアムは、トラック中距離4種目の複合競技です。第1~3種目までは種目ごとの順位によりポイントを獲得、それを最終種目での獲得ポイントと合計し、最終獲得ポイント数を競います。

全日本選手権でこの競技に出場するチームブリヂストン選手は橋本、近谷涼、窪木一茂、孫崎大樹、徳田優の5名です。




●第1種目スクラッチ(10km)ーーーーーーーーーーーーーー

同時スタートからフィニッシュラインでの着順がそのまま順位となるロードレースのようなスクラッチ。

序盤から中盤は最後の展開を見越してゆったりとペースで進みますが、ラスト10周にて選手1名が抜け出し半周以上の差。


それを最後に食らうべく集団は後方で備えましたが、数周前で集団に牽制が入り速度が落ちます。

先行選手を追ったチームブリヂストン選手たちは届かず、橋本の2位をはじめ上位でフィニッシュ。


●第2種目テンポレース(10km)ーーーーーーーーーーーーーー


規定周回から毎周回、先頭通過の選手だけが1ポイント獲得、その合計ポイントを競うテンポレース。集団を周回遅れにすると20ポイント獲得します。

序盤の様子見が過ぎたのち、中盤に橋本と近谷を含む4名選手が逃げを決めます。

この逃げはレースの大半で集団に半周ほど先行し、先頭ポイントは4人だけで分け合う形に。

結果、最高得点となった橋本が1位、近谷が2位に。総合首位は橋本78pts、2位が近谷で74pts、窪木が58ptsで4位です。


●第3種目エリミネーションーーーーーーーーーーーーーーーーー


毎周回に最終走者が除外されるエリミネーション、参戦選手は35名です。山岳ロードレースが得意な徳田、そして現在競輪選手養成所にて短距離系の修練を行う窪木は中盤に除外。

しかし橋本、近谷、孫崎の3選手は最後まで残り、孫崎が遅れて橋本と近谷の最終勝負に。結果、橋本が余裕をもって競り勝ちました。



3種目終了時点での途中結果は、橋本の首位は変わらず118pts、2位の近谷とは6pts差、3位には90ポイントで孫崎が上がってきました。


●最終種目ポイントレース(25km)ーーーーーーーーーーーーーーーー

指定周回(2.5kmほどずつ)を超える先頭4名の選手がポイントを獲得します。周回遅れにすると20ポイント加算、最終周回は倍ポイントを獲得。これまでの順位で獲得したポイントを持ち点にスタートします。

中盤に5名の選手が先行。この5名はトップ争いに絡んでいない選手、チームブリヂストン選手は積極的に前方で展開し、集団の速度をコントロールし付かず離れずの状態に。

レースの大半はこの5名でポイントを獲得することとなり、結果橋本と近谷のポイント差は変わらず、橋本が勝利しました。

以下、橋本の優勝インタビューより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーー優勝の気持ちを

気づけば3年ぶり(のオムニアム全日本チャンピオン)ということで、3年ぶり3回目の優勝ができました。本来だったらオリンピックの年でもあるので、順調に仕上がってきてるなというのがわかってうれしいです。

ーー2位、1位の前半だったが

人数の多いオムニアムは、最初の3種目がとても大事なので、今回はうまく走れたんじゃないかなと思っています。

ーー首位で迎えた最後のポイントレース

自分の中では1位のポイントをキープできる走りができたんじゃないかなと思います。序盤にできた5人の逃げ、これをコントロールすることで、みんながポイントを取れなくなって、僕がポイントリーダーとしてかなり有利な展開になると思っていました。そのレースを作ることができて良かったと思います。

僕が後ろの集団をかなり引いていました。それによって、メイン集団のペースを落とさせないというのが僕のプランで、周回遅れにならないように、ポイントを取るチャンスを奪うために、逃げと集団という展開をずっと続けていたと感じです。見ている方はちょっとつまんなかったかもしれませんが(笑)。

ーー東京2020オリンピックに向けて

リオ2016オリンピック(の選考)では良い経験ができたので、それがあって今がある。東京2020オリンピックに選ばれ、目指せる選手になれたというのが、僕のリオ2016大会からのプロセスが間違っていなかったというのを証明できました。

東京2020オリンピックでメダルを獲得することで、自転車スポーツの魅力をさらに広めていきたいと思っています。

東京2020オリンピックではメダルを取れる位置にいると思っています。メダルをとって、日本の皆さんに報告できればなと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

定評のあったレース展開の巧みさとスプリント力に加え、積極的な牽引を繰り返し最終局面に体力を残すスタミナ面も改善された橋本の走り。来年の夏までに橋本はこの走りをさらに磨き上げ、メダル獲得に、世界一に挑戦します。

【リザルト 2020/11/7】2020全日本選手権 男子オムニアム

1 橋本英也(TEAM BRIDGESTONE Cycling)118pts
2 近谷涼(TEAM BRIDGESTONE Cycling)112pts
3 岡本隼(愛三工業レーシングチーム)97pts
4 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)91pts
7 窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling/JIK)65pts
DNF 徳田優(TEAM BRIDGESTONE Cycling)


最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ