【シマノ鈴鹿2019】ロードバイク真夏の祭典にてチームTT3位、ロード窪木3位

シマノ鈴鹿2019 / 真夏の祭典にてチームTT3位、ロード窪木3位


レース名:第36回シマノ鈴鹿ロードレースクラシック
開催日:2019年9月1日
開催地:三重県・鈴鹿サーキット
コース長:58.1km=5.81kmx10laps
TEAM BRIDGESTONE Cycling参加選手:窪木一茂、黒枝士揮、近谷涼、橋本英也、孫崎大樹

2019年9月1日、シマノ鈴鹿ロードレースクラシックにてTEAM BRIDGESTONE Cycling窪木一茂が3位、黒枝士揮が4位となりました。


『ロードバイカーたちの祭典』として、毎年夏に行われている《シマノ鈴鹿》。毎年多くのロードバイク愛好家が参加するこのイベントでは、一般参加型のさまざまなイベントが行われますが、プロチームが参加する伝統あるレースも行われます。

2日間の初日にはチームTTに参加。、しかし23kmのコースでタイムはトップに遅れること1分近くの3位。本意ではない結果になってしまいました。2日目の《シマノ鈴鹿ロードレースクラシック》での雪辱を狙います。



シマノ鈴鹿ロードレースクラシックは、5.81kmの鈴鹿サーキットのコースを10周する、短めのロードレースです。2周目に孫崎を含む4名が逃げ出しますが、これは吸収されます。


距離が短く、平坦基調の周回コースのため、逃げは決まりづらいというのはありますが、目まぐるしくアタックがかかります。

ブリヂストン選手たちは、まずは孫崎が積極的に攻め、続いて橋本、近谷、窪木と繰り返し攻撃しますがどれも実らずに最終周回へと向かいます。



3名の選手が逃げながらのゴール前、500mで彼らは捕まり集団でのゴールスプリントに。飛び出す窪木と黒枝でしたが、惜しくも窪木3位、黒枝が4位という結果となりました。



【リザルト】2019/8/31
チームTT JCF登録
1 マトリクスパワータグ 27:52.20
2 宇都宮ブリッツェン +0:00.05
3 チーム ブリヂストン サイクリング +0:59.73

【リザルト】 シマノ鈴鹿ロード クラシック 2019/9/1
1 オールイス・アルベルト・アウラール(MATRIX POWERTAG)1:12:51.22
2 黒枝咲哉(シマノレーシング)1:12:51.81
3 窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)1:12:51.83
4 黒枝士揮(チーム ブリヂストン サイクリング)1:12:52.01
6 孫崎大樹(チーム ブリヂストン サイクリング)1:12:52.51
15 近谷涼(チーム ブリヂストン サイクリング)1:12:53.15
98 橋本英也(チーム ブリヂストン サイクリング)1:17:15.67


最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ