ニュースリリース・お知らせ

ニュースリリース

通学用電動アシスト自転車 2019年モデル新発売
~長距離通学に適した“走りながら自動充電”する機能を搭載しています~

ニュースリリース2018年11月14日

 ブリヂストンサイクル株式会社は“走りながら自動充電※1”する回復充電機能を搭載した通学電動アシスト自転車モデル「アルベルトe」「カジュナe」「ステップクルーズe」の各2019年モデルを、11月下旬より全国の販売店を通して発売いたします。

 

アルベルトe

カジュナe

ステップクルーズe

アルベルトeの写真
(新色)
※上記写真の車略番号「AL6B49」
L型:26インチ
カジュナeの写真
(新色)
※上記写真の車略番号「CS6B49」
スイートライン:26インチ
ステップクルーズeの写真

※上記写真の車略番号「ST6B49」
26インチ

 

発売のねらい

 近年、利便性の高さや消費者の健康志向の高まりから、電動アシスト自転車の市場は年々伸長しています。一方で、中高生の自転車通学には「利用頻度が高い」「雨天での利用がある」「移動距離が長い」といった特徴があり、通学自転車の使用環境は一般利用よりも過酷です。そうした過酷な環境に耐えうる「トラブルレスな自転車」が中高生の通学利用に求められています。当社は中高生の使用実態に最適な商品を開発し、過酷な自転車通学のサポートと今後の成長が見込まれる中高生向け電動アシスト自転車市場の拡大を狙います。

 

 当製品には“走りながら自動充電※1”する回復充電機能を搭載しています。この回復充電機能は、従来の「左ブレーキをかける」と回復充電できる機能だけでなく「走行中にペダルを止める」と前輪モーターが発電してバッテリーを充電する機能です。当機能により走行距離が最大28%※2向上し、4日走ると最大一日分を充電※3できるようになりました。ブリヂストンサイクルは、これからも自転車を通してより快適なサイクルスタイルを提案していきます。

 

※1 「走りながら自動充電」の詳細は、2018年7月19日のニュースリリースを参照ください。http://www.bscycle.co.jp/news/release/2018/5827
※2 平地自動回復充電機能及び、ブレーキ回復充電機能を使用した状態と使用していない状態を比較した数値となります。当数値は当社のモニター調査におけるエコモード回復率の最大値になります。
※3 当社モニター調査におけるエコモード回復率の最大値28%で1日5km走行した場合。

 

販売概要
商品名 アルベルトe
標準現金販売価格 137,800円(税抜き)【26インチ】・139,800円(税抜き)【27インチ】
電動アシストモデルの標準現金販売価格には充電器が含まれています。
販売地域 全国
年間目標台数 5,000台
発売日 11月下旬
展開カラー

《S型フレーム・27インチ》
T.ネオンライム、T.アンバーブラック、M.XHスパークルシルバー

《L型フレーム・26インチ、27インチ》
M.ジュエルDブルー(新色)、T.ネオンライム、T.アンバーブラック、M.XHスパークルシルバー、P.Xシャンパンホワイト

 

 

商品名 カジュナe
標準現金販売価格 129,800円(税抜き)
電動アシストモデルの標準現金販売価格には充電器が含まれています。
販売地域 全国
年間目標台数 5,000台
発売日 11月下旬
展開カラー

《ベーシックライン》
E.Xキャラメルブラウン(新色)、E.XBKホワイト、E.X アメリカンブルー、E.Xダークオリーブ

《スイートライン》
E.Xサンドピンク(新色)、E.Xカームブルー、E.X エッグシェルベージュ、E.X ミストグリーン

 

 

商品名 ステップクルーズe
標準現金販売価格 129,800円(税抜き)
電動アシストモデルの標準現金販売価格には充電器が含まれています。
販売地域 全国
年間目標台数 12,000台
発売日 12月下旬
展開カラー

F.Xアクティブレッド(新色)、E.X サニーピンク、T.X クロツヤケシ、 E.X バイオレットブルー、T.X マットカーキ

 

 

主な仕様諸元
品名 アルベルトe カジュナe ステップクルーズe
車種略号 AS7B49
(S型)
AL7B49
(L型)
AL6B49
(L型)
CB6B49
(ベーシックライン)
CS6B49
(スイートライン)
ST6B49
サイズ 車輪(インチ) 前後:27 前後:26 前後:26 前後:26
タイヤサイズ 前後:27×1 – 3/8 前後:26×1 – 3/8 前後:26×1 – 1/2 前後:26×1.75
全長(mm) 1865 1845 1850 1845
全幅(mm) 590 590 565 590
サドル最低地上高(mm) 795 765 765 765
車体重量 (kg) 26.7 25.9 28.7 27.4
モーター性能 補助速度範囲 24km/h 未満
形式 ブラシレスDC式
アシストドライブ 4モードアシスト
(パワー・オート・エコ・アシストオフ)
手元スイッチ スマートワンタッチパネル
(オートライト機能付き)
アシストオフモード
1充電あたりの走行距離
(標準走行パターン)※4
エコモード 77km 80km 93km 99km
オートモード 57km 63km 70km 73 km
パワーモード 41km 47km 47km 48km
バッテリー交換の目安・充電回数 (標準走行パターン)※5 700~900回
バッテリー※6 リチウムイオンバッテリーB400
(36.5.V×9.9Ah=361Wh)
充電器 方式 スタンド式 AC100V
充電時間 約4時間10分

 

※4 標準走行パターンとは平坦路1kmを2ヵ所、勾配7.0%(4度)で1kmの坂道の上り下りの合計4kmの道のりをそれぞれの所定の速度で繰り返し走行した場合のものです。走行距離データは、バッテリー新品、常温15~25℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量)65kg、平滑乾燥路面、無風、無点灯状態で走行した場合の弊社データです。その際、変速ギヤ条件として、勾配7.0%(4度)の上り坂を変速ギヤ〈2〉で、その他を変速ギヤ〈3〉とし測定しています。走行条件・環境の違いにより走行距離が短くなる場合があります。
※5 充放電回数は平均値であり、保障値ではありません。気象・道路・整備・乗り方などの使用条件や経年劣化により実際の充電回数と異なる場合があります。また、充電回数は交換目安であり、目安となる充電回数後バッテリーが使用出来なくなるわけではありません。
※6バッテリー容量についてはPSE(電気用品安全法)改正による、PSE定格容量を右記します。9.9Ahの場合には10.0Ahです。

 

モニター調査による「走りながら自動充電」使用時のバッテリー回復率※7は、アルベルトeが<エコモード>+11% <オートモード>+10% <パワーモード>+8%、カジュナeが<エコモード>+15% <オートモード>+11% <パワーモード>+8%、ステップクルーズeが<エコモード>+13% <オートモード>+10% <パワーモード>+7%となっています。
※7 弊社モニター調査で得た回復率の平均値<モニター調査内容>東京都内在住の30名を対象に、平地自動回復充電、下り坂自動回復充電(弱)、ブレーキ回復充電機能を使用し 走行路、走行速度、使用ギヤは任意で走行した場合。回復率とは、アシスト駆動に利用した電力と回復充電機能で充電された電力の比率。

 

この件に関するお問い合わせは.....

 

ブリヂストンサイクル株式会社

 

<報道関係>

広報担当 末藤:yukari.suefuji@bridgestone.com

 

<一般のお客様>
お客様相談室 TEL 0120-72-1911

 

<ホームページ>
http://www.bscycle.co.jp ブリヂストンサイクル

販売店を探す

WEBカタログを見る

簡単なアンケートへご協力のお願い