企業情報

事業概要

ブリヂストンサイクル株式会社は、第2次大戦後の民需転換により自転車の製造を始め、ブリヂストンタイヤ株式会社(現 株式会社ブリヂストン) から分離独立、ブリヂストングループ最初の主要関係会社として設立されました。
現在、ブリヂストンサイクルは日本の自転車産業のトップメーカーとして、自転車社会の発展に取り組んでいます。技術開発部門では最先端の技術で新製品を開発、3工場(国内2・海外関連会社1)では最高の品質の製品を生産、そして全国ネットの販売会社2社・8営業本部でベストサービスを提供しています。

社名 ブリヂストンサイクル株式会社
設立 昭和24年10月3日
従業員数 880名(2016年1月1日現在)
資本金 18億7千万円
事業内容 自転車の製造販売:スポーツ車・ロードバイク・MTB・オーダーメイド車・軽快車・ミニサイクル・実用車・電動アシスト自転車・幼児子供車など
自転車関連商品の製造販売:サイクルパーツ各種・ヘルメット・工具・ケミカルなど
売上高(連結) 494億円(2015年度)
代表者 代表取締役社長 関口 匡一
サイトマップ
開く/閉じる