ニュースリリース・お知らせ

ニュースリリース

<空気が少なくなった状態でも長持ちする>
一般自転車向けタイヤ「LONGREAD(ロングレッド)」新発売
~新コンパウンドと独自トレッドパターンにより、耐ひび割れ性能を大幅アップ~

ニュースリリース2017年07月19日

 ブリヂストンサイクル株式会社(社長:関口匡一)は、タイヤに空気を十分に入れない状況下で起こる“低空気圧走行”に強い仕様の一般自転車向けタイヤ「LONGREAD(ロングレッド)」を8月上旬より全国の販売店を通して新発売いたします。

 

【20代女性の約6割は自転車のタイヤに空気を入れたことがない】

 タイヤの空気圧が低い状態で走行し続けると、タイヤ側面にひび割れが発生し劣化を早めたり、タイヤ内面とチューブが擦れて摩耗しパンク発生リスクが高まるなど、トラブルの原因につながります(参考資料:参照)。タイヤの空気圧低下は、タイヤの空気圧を適正に管理し、1ヶ月に一回程度空気を充填していれば予防できますが、自転車を利用する方の多くは2~3ヶ月に1回程度の充填頻度であることが分かりました(※当社調べ・図1参照)。
 また、「自転車のタイヤの空気入れ」について、自分で空気を入れたことがあるかどうかを調査した結果、都内在住20代女性の約6割は今まで自分でタイヤの空気を入れた経験がないことがわかりました(※当社調べ・図2参照)。自転車のメンテナンスに対する関心度の低さが、自転車のトラブルを生む要因の1つになっていると考えられます。


図1.自転車を利用する方の空気を入れる頻度


図2.自分自身で自転車のタイヤへ空気を入れた経験の有無(都内在住20代女性対象)

 

発売のねらい
ロングレッド 製品写真

 ブリヂストンサイクルは、タイヤの空気圧が低い状態での走行時に発生する「タイヤ側面のひび割れ」と「タイヤ内面とチューブの摩耗(擦れ)」対策を追及した一般自転車向けタイヤ「LONGREAD(ロングレッド)」を開発しました。


【“タイヤ側面のひび割れ”対策】

 低い空気圧のタイヤは、走行中に側面が大きく屈曲してしまい、折れ曲がった部分のひび割れ発生リスクが高まります。
 当製品は、柔軟でしなやかな新コンパウンドを採用。当社従来モデルのタフロードチューブガードと比較し、空気圧が低い状況下での走行によるひび割れ発生数を約70%抑制しました(当社比)※低空気圧走行での寿命を保証するものではありません。

【“タイヤ内面とチューブの摩耗(擦れ)”対策】

 タイヤ内面に凹凸がありザラザラしていると、走行時にタイヤ内面とチューブが擦れてチューブが摩耗してしまいます。
 当製品は、タイヤ内面を滑らかにするチューブガード構造を採用し、タイヤ内面とチューブが擦れることにより発生する破損や劣化を抑え、パンク発生のリスクを低減しました。


【“摩耗インジケーター(T.W.I)”搭載】

 WEBアンケート調査(※当社調べ・図3参照)により、“タイヤ交換の判断”の多くは、主に販売店からの勧めで行われており、適切な交換タイミングを過ぎてからタイヤ交換されるケースが多いことがわかりました。また「タイヤの交換時期が分かれば、自ら販売店へタイヤ交換を依頼したい」と回答した方が全体の約80%を占める結果となり、適切な交換タイミングの可視化が求められている結果になりました。(※当社調べ・図4参照)。
 当製品は、適切な交換時期をお知らせする摩耗インジケーター(T.W.I)を搭載。より快適で安心・安全な走行をサポートします。


図3.販売店で交換された自転車タイヤの状態


図4.タイヤの交換時期が分かった場合の対処法

 

タイヤ内面の“なめらかチューブガード構造”
従来品・なめらかチューブガード

当社従来品と比較し、細い繊維を用いることで、タイヤ内面の凹凸を減らし、なめらかなチューブガード構造としています。

独自トレッドパターン
独自トレッドパターン

タイヤの表面に鋭利な形状や、周方向(回転方向)に連続するパターンがあると、ひび割れ発生のリスクが高まります。
 当製品はエッジを取り除き、周方向(回転方向)にひび割れが発生しにくい独自のトレッドパターンを採用。 更に、トレッド部のゴム量を約17%増加し(当社比)、摩耗への耐久性も高めています。

摩耗インジケーター(T.W.I)
摩耗インジケーター(T.W.I)

交換時期をお知らせする摩耗インジケーター(T.W.I)を搭載。
目視で摩耗インジケーター(T.W.I)部分がタイヤ表面に現れた時が、適切なタイヤ交換のタイミングとなります。

ネーミング・ロゴデザイン

LONGREAD

LONG「=長寿命」と、TREAD「=新設計のトレッドパターン」を掛けあわせたネーミングとし、スピード感とスポーティなフラッグイメージを表現したロゴデザインとしました。

 

販売概要
<LONGREAD(ロングレッド)>
商品名 LONGREAD(ロングレッド)
販売地区 全国
年間目標台数 900千本
発売日 8月上旬

サイクルタイヤスペシャルサイト: http://www.bscycle.co.jp/cycletire/

品名 品番 略号 標準現金
販売価格
サイズ 空気圧
タイヤ・チューブ 2本巻 クロサイド F271830 LR27BLB OPEN価格 WO 27 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
F272830 LR26BLB OPEN価格 WO 26 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
F273830 LR24BLB OPEN価格 WO 24 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
タイヤ・チューブ 1本巻 クロサイド F271814 LR27BLB1 OPEN価格 WO 27 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
F272814 LR26BLB1 OPEN価格 WO 26 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
F273814 LR24BLB1 OPEN価格 WO 24 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
タイヤ 1本巻 クロサイド F301811BLB CT-LR27 OPEN価格 WO 27 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
F302812BLB CT-LR26 OPEN価格 WO 26 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)
F303813BLB CT-LR24 OPEN価格 WO 24 x 1 3/8 300kPa
(3.0kgf/cm2)

 

参考資料①:空気圧が低い状態で走行を続けると発生するトラブル例

※LONGREAD(ロングレッド)を装着した場合でも、空気圧が著しく低い場合は下記トラブルを完全に防ぐことは出来ません。

トラブル1 
タイヤの劣化を早め、
寿命に影響します。

トラブル2  
チューブが折り重なって、パンクするリスクが高まります。

トラブル3 
リム打ちパンクの発生につながります。

トラブル1 トラブル2 トラブル3

空気圧が低い状態で走行し続けると、タイヤと道路の接地面が大きくなり、タイヤが摩耗しやすくなります。またタイヤのひび割れの原因となります。

空気圧が低い状態で走行し続けると、リムとタイヤ間のすべりが生じ、バルブ口付近にチューブが折り重なる場合があり、パンクする原因となります。

空気圧が低い状態で段差など障害物を乗り越える際、リムと障害物の間でチューブを挟み、チューブがハの字に切れるリスクが高まります。



この件に関するお問い合わせは.....

ブリヂストンサイクル株式会社

<報道関係>
広報担当 末藤:yukari.suefuji@bridgestone.com

<一般のお客様>
お客様相談室 TEL 0120-72-1911

<ホームページ>
http://www.bscycle.co.jp ブリヂストンサイクル

サイトマップ
開く/閉じる