VERY×ブリヂストン 知っていれば子ども安全、ママはもっと快適! 電動アシスト自転車ガイド

「これくらい、まいっか」 が危ない! うっかりママにご用心。

急いでるから、子供が嫌がるから……理由はあれど、やってはいけない4つのママチャリあるある。
ちょっとの油断が大事故につながることも。みなさんやっていませんか?

キケン!01/キッズヘルメットを忘れちゃう

Caution 事故での大けがの
大半はヘルメットなし
〝近いからいいか〟は
絶対ダメ!

自転車が転倒したときや事故の際、
子どもが頭部を強打し
大けがにつながる恐れがあるので、
キッズヘルメットの着用は絶対!
チャイルドシートのヘッドガードと
ヘルメットがいざという時に子どもを守ってくれます。
ヘルメットを嫌がる子も多いので、
初めて自転車に乗る前におうちでかぶって
慣れてさせておくのがオススメです。

キケン!02/チャイルドベルトを締めない

Caution グリップバーだけでは
不十分!
転倒時に放り出される
危険性も

「やだー!」と泣き叫ばれたから、
子どもがもう十分大きいから……と
ベルトを締めずに出発してしまうのもNG。
転倒や事故時にチャイルドシートから
投げ出される恐れがあります。
万が一転倒した時も、
ベルトで固定されていることで、
まずチャイルドシートが地面について
体を守ってくれる設計になっているので、
ベルトは絶対!

キケン!03/乗せっぱなしでちょっとそこまで

Caution 自転車に子どもだけ
乗せて放置はNG
バランスを崩し
転倒したら大惨事!

想像以上に多いのが、子どもを乗せたまま
親が離れたすきの転倒事故。
「ちょっとクリーニング屋に寄ってすぐ戻るから……」。
その数分が命取りに。
自転車に残された子供が動いたり、
自分で降りようとして、転倒する危険性が。
荷物もあって子どもの乗せ降ろしに
手間がかかるのはわかるけれど、
離れるときは必ず子どもも降ろして!

キケン!04/荷物をひっかけすぎ

Caution 荷物はほどほどに。
ハンドルや
チャイルドシートに
かけてはダメ

ハンドルに荷物をかけると、
タイヤや並走する自動車に引っかかる
可能性があったりとキケンがいっぱい。
自転車自体の重量が増えて
バランスを崩しやすくなるだけでなく、
タイヤにも負担がかかるのでパンクの危険性も。
チャイルドシートに引っ掛けるのも、
チャイルドシートの
破損につながる恐れがあるのでNGです。

  • 子育て世代に優しい? 優しくない!?「道路交通法」知ってた?
  • 「これくらい、まいっか」が危ない!うっかりママにご用心。
  • もっとラクに安全に乗るためのドライビング習慣を覚えておこう。

bikke instagram

bikke facebook