【2019全日本選手権ロード】ロードレースU23:沢田2位、今村3位、優勝を逃す

2019全日本選手権/ロードレースU23/沢田2位、今村3位で優勝を逃す

(沢田)


レース名:第88回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース 男子U23
開催日:2019年6月29日
開催地:静岡県駿東郡小山町《富士スピードウェイ》内特設コース
コース長:118.8km(10.8kmx11周)

23才未満の選手のみにて争われる、アンダー23クラス(U23)2019年全日本選手権ロードレースにて、TEAM BRIDGESTONE Cyclingの沢田桂太郎が2位、今村駿介が3位に入りました。

ゴール前600mからのロングスプリントで沢田は優勝選手を差し切れず、悔しい結果となりました。

photo: Kei TSUJI


(下:沢田、今村)


朝8時にスタート予定だったU23ロードレースは、雨と濃霧の影響でスタート時間が1時間遅まり、周回数も15周から11周に短縮されました。

スタートラインに並んだブリヂストン選手は、沢田と今村の二人。ともに優勝候補として目され、他の選手からの厳しいマークを受けながらの走りとなりました。



レース中、雨は強さを変え降り続けます。滑りやすい路面状況はタイムトライアル時から変わらず、レース全体を通してメイン集団は冷静に安全性を保つ走りで展開していきます。

とはいえこの悪状況のため、周回を重ねるごとに選手たちの体力は失われ、あるいは転倒で遅れ、集団は少しずつ小さくなります。



途中、いく度かアタックをかけ逃げを狙った選手たちがいましたが、メイン集団はその都度吸収。今村と沢田のブリヂストン選手2名は、レースを通して集団の前方に位置してチャンスをうかがいつつ、逃げを確かに潰していきます。

一方で今村も、自ら好機を作るべくいく度かアタックを仕掛けましたが、決まるまでには至りません。

「珍しく前日にロードレースの夢を見るぐらい、いつの間にかこのレースに賭けていました。中盤は集団の人数を減らしたいという思いがあったので、何度もアタックしたんですが、実りませんでした」(今村)



なかなか動かないレースの展開、決着は最終局面まで持ち込まれました。



(左:今村、中央:沢田)


最終周回残り1km、逃げを試みた数名の選手を吸収しつつ最終局面に向け活性化する集団。最後の上りからゴール前600mほどのホームストレートに入っていく上りコーナーで、結果優勝する武山晃輔選手(TEAM UKYO)が仕掛けます。



「武山選手が狙っているのはわかっていて、動いたときに僕は近くにいたので、パッと飛びついたんですが、その時点で差がついてしまっていて。そこからは間に合わずに、という感じでした」(沢田)

沢田は武山選手に追いつけず2位に。



(沢田)


「自分が得意なスプリントの展開ではなかったです。僕が得意なのは、集団で入って残り200mを全開で爆発する、というものなんですが、今日はスプリントというより『脚を出し切る』という感じだったので。。。

自分が一番得意な力で勝負できなかったのが悔やまれます」(沢田)



(今村)


さらに遅れた今村は、後方集団の頭を取りましたが、3位となりました。

「(最後のスプリントでは)それまで結構動いていたので脚が残っておらず、吊りそうにもなってキツく、スピード差がついてしまいました。最後の一発の出し切る力を残せず3位という結果になり、悔しい気持ちでいっぱいです。

途中のアタックを一回でも二回でも、ちゃんと考えて行っていれば、もう少し脚が残っていたのかなと思います。でもそれも自分で勝てると思い動いた結果なので、経験として良かったかなと感じています」(今村)



最後まで優位に、そして果敢に攻めたU23ブリヂストン選手2名でしたが、最後の最後で勝利を逃してしまいました。

しかしこれも自転車ロードレースの持つドラマ性。この悔しさを、エリートクラスのチーム員がバネに変え、明日日曜日のエリートクラス全日本選手権では、必ずやチーム全員で喜びを分かち合います。



皆さまの熱い声援でなにとぞ、ブリヂストン選手たちの明日の勝利を、後押ししてください。


【リザルト】2019/6/29
レース名:第88回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース 男子U23

1 武山晃輔(TEAM UKYO)3:07:33
2 沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0:00
3 今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0:08



最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ