Column 自転車コラム

自転車通学にお役立ちの自転車通学コラム

雨が降った時の自転車通学…あまりうれしいことではありませんよね?
制服が濡れるのはレインウェアを着れば防げることですが、もうひとつ、雨の自転車通学でやっかいなことがあります。それは自転車が止まりにくい、滑りやすいということなのです。雨の日に滑りやすいことで有名なのは、マンホール、横断歩道の白線、道路の端にある排水溝の蓋です。この3つに共通しているのは、雨に濡れた時にツルツルすること。だからタイヤのグリップする力が減ってしまい、滑りやすくなるのです。滑らないコツは、とにかくこの上を走らないこと。どうしても走らなければならない時はスピードを落として、ハンドルを切らずにまっすぐ進みましょう。この3つ、革靴で歩いていて滑ったことがある人もいると思います。歩いているときもご注意を。

それと、みなさんは雨に濡れて帰ってきたら何をしますか?
風邪をひかないように全身をタオルで拭きますよね。自転車も濡れたままにしておくと、弱ってしまうことがあります。自転車の大敵はサビなのです。雨に濡れたままの自転車はサビが出やすくなります。サビが出やすい部分は、フレーム、ハンドル周りやギア・チェーンなど。自分のカラダをケアしたら、自転車も水滴を拭いてあげてください。そうすれば、いつまでもキレイで快適に走ることができます。サビにくい構造のギアやサビないベルト式のチェーンなど、メンテナンスをラクにした自転車もありますよ。ちょっとくらいの雨なら辛くない、そんな通学自転車だと頼もしいですね。

< Vol.01コラムインデックスへVol.03 >