先輩社員の声

S.K.

職種:設計開発
入社:2012年
専攻:複雑系科学・機械系

S.K.

ブリヂストンサイクルに入社した理由、きっかけ

学生時代は機械系を専攻しており、工作機械を使用し自分で研究装置を作って実験などを行っており、その経験を通じてものづくりがしたいと思ったこと。また、趣味で自転車に乗っていたので、好きなものに携わりたいと思い自転車関連の会社を志望しました。
自転車関連の会社の中でも、ブリヂストンサイクルは、様々な車種に携わることができる機会と社内の設備が整っていて、ものづくりについて多くのことを学ぶことができると思い入社いたしました。

現在の仕事内容とやりがい

入社してから現在まで電動アシスト自転車の設計を担当しております。ターゲットとなるユーザー、価格帯、用途・使用シーン等の条件を考慮し、また市場にはライバル車種があるため、それらも調査した上で自転車を設計します。
設計という仕事柄、多くの部署と関わりながら仕事を進め、また担当する車種も様々で、並列的に仕事を処理していく必要があり、計画通り行かず大変なことも当然あります。ただそれ以上に、街中で自分の設計した自転車を見るととても嬉しく、それが自転車に携わる醍醐味だと感じています。

プライベートの過ごし方

休日は自転車に乗って過ごすことが多いです。社内には、自転車の楽しみ方を知っているプロフェッショナルがおり、ロードバイクやマウンテンバイク、シクロクロス等、様々な方向性で楽しく休日を過ごしています。また、もちろん自転車部もあり、月1回程度ですが個々のレベルにあわせてコース設定をするなど皆が楽しめるよう工夫してサイクリングを行ったりしています。その他、一風変わったエコラン部もあり、年1回、仕事では関わらない内燃機関の車両のレースに携わったりしています。
※エコラン:一定の距離を走行し、いかに消費した燃料が少ないかを競うレース

新しく入社される方へのメッセージ

入社にあたり自転車に詳しくないので・・・、まったく違う分野の専攻なので・・・という方もいるかと存じますが、そのような心配はまったくなくむしろ実際に入社してくる方は自転車について詳しくない方が多く、そんな方でも気がつけば自転車に詳しくなっています。職場はフレンドリーな方が多く良い雰囲気で、仕事は個人の守備範囲が広いため、やってみたいと思うことは比較的やりやすいです。そういった環境となっていますので、やりたいことを明確にして入社されるのがより良いと思います。

M.H.

職種:開発管理
入社:2006年
専攻:生産システム工学

M.H.

ブリヂストンサイクルに入社した理由、きっかけ

就職活動を始めたときに、まず考えていたことは、「エンドユーザーに関わるモノづくりの仕事がしたい」ということ、もう一つは結婚・出産を経ても働き続けたいので「福利厚生がしっかりしていること」でした。
そんな時に、BRIDGESTONE/MOULTONに颯爽と跨る女性の写真が、新聞に掲載されているのを偶然見て、「かっこいい!こんなモノづくりをしてみたい!」と思ったのがきっかけです。

現在の仕事内容とやりがい

入社後4年半は、設計部で完成車の技術担当をしていました。商品企画・デザインなど関連部署と連携して完成車を設計したり、個別部品を設計したりする仕事がメインでした。
産休・育休を経て現在の部署に異動し、開発管理課では技術担当者が新車開発の際に必要なインプット情報の提供や、納期管理をサポートする仕事に携わっています。自転車と言う製品にも鮮度があり、お客様が必要としているタイミングで商品が届かないと意味がありません。ですので、早期に課題抽出~解決までをサポートでき、スケジュール通り量産へ移行した時にはホッとします。

プライベートの過ごし方

平日の就業後は、家事に育児にとバタバタしてプライベートな時間はあまり取れませんが、休日はお弁当を持って子供と自転車で公園へ行くことが多いです。
上の子は、私が設計部時代に担当した自転車に乗り、下の子はリアチャイルドシートに乗せています。2人とも自転車が大好きなので大喜びで乗っています。自分自身が設計を担当した自転車に、我が子が乗るという体験ができるのも、この会社ならではです。

新しく入社される方へのメッセージ

ブリヂストンサイクルは、自身が作り手でもあり、エンドユーザーにもなれるおもしろい会社です。また、思いついたアイディアは上司に伝えやすく、若手でもチャレンジさせてくれる風土があります。入社前に特別、自転車が好きだとか、詳しい必要はありません。そうではないから、見える視点もありますので、そこは安心して来てください。皆さんと一緒に働ける日を楽しみお待ちしています!

A.A.

職種:財務(予算・採算)
入社:2012年
専攻:商学部

A.A.

ブリヂストンサイクルに入社した理由、きっかけ

自分の身近にある物で何か貢献できないか、ということを軸に就職活動をしていたところ、ブリヂストンサイクルに出会いました。移動手段としての自転車にとどまらず、人々の多様化する生活のニーズに応えた自転車づくりを目指す姿勢に共感したことが入社を志望したきっかけです。また、就職活動中に感じた温かな社風に惹かれたことも入社の決め手となりました。
入社後もそのイメージは変わらず、上司や同僚に恵まれながらのびのびと働けています。

現在の仕事内容とやりがい

現在は損益管理を担当しています。月次業務としては、損益計算書の作成や予算対実績の増減要因分析を行っています。予算策定時期には、各部署から申請された予算の取りまとめや、経営層へ報告するための予算資料を作成しています。
会社の数字を扱っているため、ミスが許されない分プレッシャーを感じますが、社全体を見渡すことができる仕事なので大きなやりがいを感じています。
また、予実の増減要因を予算担当者へヒアリングすることで、各部署がどのような業務をしているか話を聞けることも面白みの一つです。

プライベートの過ごし方

休日は、家でのんびり過ごす日もあれば1日中外でリフレッシュしている日もあり、様々な過ごし方をしています。社会人になってからは生活スタイルが固定化しがちだったので、視野を広げるために色々なところを散策・開拓するようになりました。
また日本茶が好きなので各地の日本茶イベントに出向いたり、多様な年代の人が集まる読書会に参加したり、何かしらのイベントに出て新しい引き出しを増やすようにしています。
家で過ごすときは、お気に入りの日本茶を淹れてリラックスしています。

新しく入社される方へのメッセージ

ブリヂストンサイクルには物事に真摯に取り組む社員が多く、さらに高みを目指して挑戦し続ける環境が整っています。若いうちから責任のある仕事を任され、周囲の人を巻き込みながら主体的に仕事を進める機会が多いため、多様な経験を積むことができます。分からないことがあっても、社内には面倒見のよい人が多いので、気軽に話しかければ親身に応えてくれる風土があり心強いです。
当社に興味を持ち共に成長してみたいと思った方、一緒に働ける日を楽しみにしております!

T.A.

職種:調達
入社:2014年
専攻:経営システム工学

T.A.

ブリヂストンサイクルに入社した理由、きっかけ

入社した理由は2つあります。1つ目は「自転車が大好き」だからです。大学時代にロードバイクと出会い、日本各地を走ることで自転車の素晴らしさに魅了されました。自転車は操ることの楽しさはもちろんのこと、環境に優しく、乗る人を健康にしてくれる点にも強い希望を感じています。
2つ目は「ものづくりの“心”」を大切にしているからです。生産性や効率性のみを重視するのではなく、「お客様目線での確かなものづくり」を実践している点に強く共感し、入社を決意しました。

現在の仕事内容とやりがい

調達部に所属し、自転車部品のQCD(品質・コスト・納期)改善に取り組んでいます。調達というと、「生産計画に合わせて必要な部品を購入する仕事」と一見受け身な印象を持ちますが、当社の調達部門は「良い品質のものを、必要な時に必要な数だけ、原価を意識した適正な価格で調達すること」を目指し、調達先のサプライヤーと密に連携しながら、一緒に改善活動を推進しています。
自分が提案・推進した改善案が具現化され、調達部品の品質が向上したり、原価低減や在庫削減が実現できた時に強い達成感とやりがいを感じています。

プライベートの過ごし方

「全力で仕事して、全力で遊んで、全力で休む」これが私のモットーです。今は子供と遊ぶことに全力を注いでいます。平日帰宅後は、一緒にピアノを弾いたり、ブロック遊びをして楽しんでいます。休日は、家族みんなで買い物に出掛けたり、公園で思いっきり体を動かして遊んでいます。子供が自転車に乗れるようになり、一緒にサイクリングできる日が今から待ち遠しいです。プライベートが充実すると、そこで得られた知識や経験が新しい仕事のアイディアに繋がったりするので、常に高くアンテナを張り、色んなことに挑戦し続けていきたいです。

新しく入社される方へのメッセージ

「自分の興味・関心に正直であること」が大切だと思います。就職活動中は自分を見失ったり、判断に迷うこともあるかと思いますが、そんな時はぜひ心の声に耳を傾け、自分は一体何が好きで、何に興味があるのかを問い続けてみてください。きっとその問いの先に、自分が望んだ未来が切り開けてくると思います。
ブリヂストンサイクルには、自転車好きな人間が溢れています。少しでも自転車に興味・関心があれば充実した会社生活を送れること間違いなしです。皆様と一緒に働ける日を楽しみにしております。

M.U.

職種:商品企画
入社:2010年
専攻:英文学 異文化コミュニケーション

M.U.

ブリヂストンサイクルに入社した理由、きっかけ

「自転車生活が好き」と「人を喜ばせる仕事がしたい」、の2つが理由です。大学生の頃、おしゃれでカッコイイという理由からクロスバイクに乗り始めました。電車より快適で経済的、健康にも良く、自転車で10キロ程走って帰宅すると、その日のストレスが消えスッキリした気持ちになっていることに気づきました。それ以来、すっかり自転車生活の虜になりました。良いことだらけの自転車生活をより多くの人に楽しんでもらいたいと思い、日本の自転車市場を牽引するブリヂストンサイクルへの入社を決めました。

現在の仕事内容とやりがい

私の仕事内容を一言でいうと「電動アシスト自転車で新しい生活を提案する仕事」です。具体的には、環境分析からお客様の求めるものを見出し、新しい商品を立案・プレゼンし、デザイン・設計担当者と開発推進、プロモーション施策の検討をします。ついに物が形になると展示会等でのプレゼンを行い、それらを繰り返していく作業です。必要とされるスキルは多岐にわたり苦労も多いのですが、電動アシスト自転車は新しい乗り物なので、自分次第で新たな市場を作れることに大きなやりがいを感じています。

プライベートの過ごし方

オンオフのメリハリがつけやすい職場です。夏・冬は一週間程度の連休があるので、海外旅行に行くことが多いです。自分の見たことのない景色や異なる文化に触れて、新たな刺激を受けるようにしています。やはり商品企画担当たるもの、国内市場のみならず常にグローバルな視点を持つことが重要ですから…なんて言ってみましたが完全にレジャー目的です。同僚もアクティブな人が多く、自転車を始め趣味に理解があります。思いっきり働いた分、思いっきり遊ぼう!というライフスタイルが送れる職場だと思います。

新しく入社される方へのメッセージ

自転車は乗ったことのない人は珍しい程、私たちの生活に密着した乗り物です。ということは、自転車が変われば人々の生活も変えることができる、と私は思っています。この会社には前例のないことに挑戦できる環境があります。やりたいことを応援してくれる上司や同僚もいます。いじる、乗る、ファッションとして・・どんな理由であれ自転車のある生活が好き、かつ人を喜ばせるのが好きな人、きっと活躍できる会社だと思います。一緒に日本の生活に楽しい変化を起こしましょう!

K.H.

職種:品質保証
入社:2013年
専攻:海洋環境科学

K.H.

ブリヂストンサイクルに入社した理由、きっかけ

ブリヂストンサイクルとの出会いは学生時代に読んだ漫画でした。よくある軽快車とは少し違うGREENLABELのおしゃれな自転車たちと、高い品質意識が紹介されていて魅力を感じました。就職活動は、初めは専攻分野である環境科学や水産の業界を考えていましたが、合同企業説明会で出会ったブリヂストンサイクルに縁あって入社に至りました。地方出身なので、都会過ぎない埼玉の土地なら働けるかもと思ったのを覚えています。

現在の仕事内容とやりがい

入社以来ずっと品質保証業務に携わっています。クレーム品の調査分析・改善推進、新車・新部品のチェック・検証、サプライヤーの品質指導など、サプライチェーン全体にわたり、未然防止や再発防止に努めています。広範囲の業務は大変な面ももちろんありますが、自転車の製造から市場に送り出すまで幅広く関われるからこそ見えてくるものがあり、いかに業務を改善推進したり、お客様にとっての価値向上につなげたりすることが出来るかが、やりがいのある面です。

業務上の取組み、成果

2017年春、TQM(Total Quality Management)大会という、ブリヂストングループ各社が参加する、業務改善事例発表大会にブリヂストンサイクルの代表として参加し、私たちのチームがTQM賞という一番の賞を頂くことができました。発表では、ある部品の品質改善を通じて品質改善業務の考え方や進め方を見直した事例を紹介しました。配属年数の若いメンバーで進めた事例でしたが、やりたいことを任せてくれる職場の支えもあり業務改善の実現につながりました。また、表彰されたことにより、社内のより多くの人々に品質改善活動について知ってもらうことができ、会社全体で品質についての考え方がより向上していくきっかけになればいいなと思っています。

プライベートの過ごし方

山も海も遠い土地で暮らしているので、日頃の休日はお気に入りの店でランチしながら穏やかに過ごしていますが、ブリヂストンサイクルにはアクティブな先輩たちがたくさんいるので、仲良くなると山や海やイベントに連れていってもらえます。私も何度かスキーなどに連れて行ってもらいました。夏休みなどの連休は遠出して自然に癒されたり、旅先の水族館で魚たちに癒されたりしています。連休がちゃんと取れるのがこの会社の好きなところです。

新しく入社される方へのメッセージ

自転車のことは上司や同僚に教えてもらえるので、予め自転車に詳しい必要はないですが、自転車に興味があるとより楽しく働けると思います。今まで学んだ選考や経験してきた業種が違う分野であっても、過去の自分を否定する必要はなく、今まで培ったものを活かすかどうかは自分次第です。直接的でも間接的でも仕事をする上で通じることがきっとあると思います。その強みを持ってぜひブリヂストンサイクルに来てください。

M.T.

職種:制御開発
入社:2004年
専攻:電子通信工学

M.T.

ブリヂストンサイクルに入社した理由、きっかけ

就職活動をするときに真っ先に思ったのが、「自分が使うものをつくりたい」でした。
その思いと自転車屋でアルバイトしていたことがきっかけとなりました。
アルバイトをしていたこともあってふと覗いたブリヂストンサイクルの募集要項に”電動アシスト車の開発”という記載があり、自分も開発に関わりたいと思い応募しました。
ブリヂストンサイクルでも電動アシスト自転車を開発・製造・販売していることを知っており、電動アシスト自転車の開発に関わりたいと思ったのがブリヂストンサイクルにした理由です。

現在の仕事内容とやりがい

入社してから自転車の電装部品の開発に携わり、現在は入社時に目標としていたブリヂストンサイクルの電動アシスト自転車”デュアルドライブ”の制御開発を担当しています。
電動アシスト自転車は、現在も市場が大きくなっており、シェアNo.1を目指して全社一丸となって販売している製品です。その中枢機能である制御開発を担当していることに非常にやりがいを感じています。
また、自分が開発に携わった製品を街中で見られるのはモチベーションアップにもつながります(自慢できますし)。

業務上の取組み、成果

2017年にBridgestonGroupAwardという賞を「新技術デュアルドライブ機能を搭載した電動アシスト自転車の実用化」で受賞させて頂きました。
こちらの賞は、グローバルに展開するブリヂストングループ内の全企業が対象で、企業理念に基づいた企業活動に対して贈られるグループ最高位の賞です。2017年度は314件がエントリーし、私たちを含め7件が受賞致しました。回生やベルトドライブといった自転車の新技術により新しい価値を提案し、より快適な電動アシスト自転車を提供したことが評価されたものだと思っています。
受賞式では、私たちのチームの代表者として私がプレゼンテーションを実施致しましたが、英語で話す緊張、席に座っている方々を見て緊張と、とにかく緊張したという思い出しかありませんが、大変貴重な経験をさせて頂きました。

プライベートの過ごし方

学生時代から続けている野球を毎年2月から11月にかけて、月1、2回ペースで楽しんでいます。
会社の野球部に所属しているので、普段の業務では関わらない他部署のメンバーと交流することで社内に仲間が増えて楽しいです。
最近では年に一度野球部主催で事業本部対抗戦なども企画したりしています。
同じ目標に向かってワイワイできるのが団体スポーツの良いところだと思っています。

新しく入社される方へのメッセージ

自分の専攻などにこだわらずに興味があることに挑戦した方が良いと思います。
自分が興味を持ち、前向きに業務に取り組むことができたらそれに敵うものはないと思います。
自分にできることより、自分がやってみたいことを考えてみてください。

サイトマップ
開く/閉じる