【2019 ツール・ド・北海道】展望「現実的なUCIポイントをしっかり獲る」六峰監督

2019ツール・ド・北海道 展望「現実的なUCIポイントをしっかり獲る」

(平塚 / photo: S.Kato)


2019年9月6日(金)〜8日(日)に、北海道を舞台にUCIレース、ツール・ド・北海道が行われます。国内外からトップチームが集うUCIレースであり、シーズン後半ロードチームが狙う大きなレースです。このレースに臨む展望を、六峰ロード監督に聞きました。



(前列左から石橋、六峰監督 / photo: M.Shimizu)


ツール・ド・北海道は、日本では珍しいスタートとゴールが異なるラインレース、3日間で合計541㎞を走ります。

9/6 第1ステージ 185km
旭川市、東神楽町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、富良野市、南富良野町、新得町

9/7 第2ステージ 174㎞
帯広市、音更町、士幌町、上士幌町、上川町、北見市

9/8 第3ステージ 182㎞
北見市、訓子府町、置戸町、北見市、遠軽町、上川町、愛別町、当麻町



(徳田 / photo: K.Tsuji)


TEAM BRIDGESTONE Cyclingから5名が参加します。
石橋学、今村駿介、徳田優、平塚吉光、孫崎大樹

北海道への出発前まで、長野県の志賀高原で高地合宿を行っていたチームブリヂストン。先の5月、ツアー・オブ・ジャパンに参戦する前にもチームは合宿を行っていました。六峰ロード監督は、今回の高地合宿のコンセプトを「ツール・ド・北海道に向けたもの」だとしました。



(石橋 / photo: S.Kato)


「シーズン後半の大事なレースであるツール・ド・北海道、参戦する5人の中核を担う、総合を狙える主体メンバーとなるのは、平塚、石橋、徳田の3人だと考えています。

この(ツール・ド)北海道のための合宿を、2週間ほど行いましたが、この3人が合宿でも非常に好調でした。とくに徳田は非常にいい状態にあるのではないかと感じています。

そして今村と孫崎も登れつつステージを狙える、勝てる脚を持っている2人です。北海道は先の大分に引き続き、ベストメンバーで挑めると思っています。ツール・ド・北海道は、総合もステージもどちらも狙える、UCIレースとしてポイントを取れるレースだと考えています。現実的なUCIポイントをしっかりと獲っていく、目標はUCIポイントの獲得です」



(今村 / photo: S.Kato)


→【おおいた いこいの道クリテリウム】UCIクリテリウムにて今村優勝、窪木3位に
https://www.bscycle.co.jp/media/anchor_blog/2019/08/190810-oita-Crit.html

→【おおいたアーバンクラシック】勝ち逃げに乗った今村だがゴール目前に失速、6位に
https://www.bscycle.co.jp/media/anchor_blog/2019/08/190811-oita-RR.html



(孫崎 / photo: S.Kato)


ーー2週間の高地合宿をレース直前に行ったのは?

「今年、TOJの前に試験的に短めの高地合宿を行って、今回は本格的にやったという形です。狙いとしては、激しい練習をして能力を高める、というより、全体的なコンディションを引き上げたというイメージですね」


ツール・ド・北海道に向け、体の準備も整ったブリヂストン選手たち。TEAM BRIDGESTONE Cyclingに皆様の声援をよろしくお願いいたします。


ツールド北海道公式サイト
https://www.tour-de-hokkaido.or.jp/

最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ