【Jプロツアー 広島】ロードレース 黒枝が最終局面に仕掛けるも2位に

Jプロツアー/広島ロードレース/黒枝が惜しくも2位

(黒枝)


レース名:第1回JBCF東広島サイクルロードレース
開催日:2019年7月6日(土)
開催地:広島県・広島大学周辺コース
コース長:93.5km(5.5kmx17周)
チーム ブリヂストン サイクリング参加選手:
石橋学、黒枝士揮、沢田桂太郎、近谷涼、徳田優、橋本英也、平塚吉光、孫崎大樹

2019年7月の第1週末に行われたJプロツアー広島2連戦、初戦の935.kmロードレースにて、TEAM BRIDGESTONE Cyclingの黒枝士揮が2位となりました。序盤から最終周回まで集団をコントロールしたチームブリヂストンでしたが、惜しくも優勝を逃しました。

photo: Midori SHIMIZU


(平塚)


一時は36度まで上がった気温。TEAM BRIDGESTONE Cyclingは序盤から攻めの姿勢で挑みます。レース1周目にできた逃げに平塚吉光が乗り、2周目で追走し追いついた孫崎大樹らを含み、合計で13名の先頭グループが先頭を走り続けます。

1分近くの差を付けた先頭グループを、メイン集団の先頭を石橋学、近谷涼、徳田優、橋本英也らブリヂストン選手たちが固めて着実にコントロールし、黒枝士揮、沢田桂太郎のスプリンターが集団内で備えます。先頭の逃げ切りにも集団での追い上げにも、どちらでも対応できる体制で後半を迎えます。



全17周のレース、後半に入り先頭グループは、自らのペースアップやアタックにより分裂し、半数以上の選手がメイン集団に吸収されていきます。先頭グループは残り4名、ここに孫崎がとどまりそのままの逃げ切りも見据えた走りを続けます。



(孫崎)


しかしその逃げを嫌った、力のある選手たちが、集団から抜け出し先頭を追い初めます。ブリヂストン選手が中心に牽引した集団は彼らを捕まえるも、さらにアタックが繰り返され、集団もペースを上げていきます。



(橋本、近谷、徳田)


ラスト2周を残し集団は先頭グループを吸収し一つに。しかし最終局面を目の前に動きはとどまらず、勝負に先手を打ちたい主力選手たちが次々とアタックを掛け続けます。

ブリヂストン選手は近谷と橋本がタイミングを伺っていましたが、最終周回い先の全日本選手権を制した入部正太朗選手(シマノレーシング)が飛び出し、そこに橋本が反応、二人で集団を抜け出します。



(黒枝)


その二人を追ったのが岡篤志選手(宇都宮ブリッツェン)、ラスト2kmを残した地点で飛び出しますが、それにすかさず黒枝が反応。ここまで脚を溜めてきた黒枝は、最終の勝負も賭けた渾身の走りでペースアップし、先行する入部選手、橋本を捉えてカウンター気味にペースを上げます。

もう岡選手、黒枝二人の勝負という状況になりましたが最後の上り坂、「勾配がきつくなるところで岡選手がアタック、自分の反応が遅れて少し車間が空いてしまい、それを詰められずに取り残されてしまいました。そこで勝負は決まりました」(黒枝)



(黒枝)


今年いくども表彰台に乗ったスプリント力を黒枝は見せられず、岡選手に遅れること数秒、2位でゴールしました。

「エースを任されてチームメイトに強力にサポートしてもらったのにもかかわらず、最後は力負けして優勝を取り逃がしてしまい、チームメイトの働きに応えることができず、悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでした」と、悔しさを隠せなかった黒枝でした。



「翌日はまだ今季チームとして勝てていないクリテリウム。その日のミーティングでチームメイトと念入りに話し合いし、絶対に優勝すると誓いました」(黒枝)

しかし悔しさは常にチームをより強くします。翌日に備えるクリテリウムでの勝利への渇望は高まり、濃くなります。


【リザルト】第1回JBCF東広島サイクルロードレース
2019/7/6
1 岡篤志(宇都宮ブリッツェン)2:21:42
2 黒枝士揮(TEAM BRIDGESTONE Cyclign)+0:11
3 湊 諒(シマノレーシング)+0:13
5 橋本英也(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+0:17
18 石橋学(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+1:03
26 近谷涼(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+1:36
-- 徳田優(TEAM BRIDGESTONE Cycling)DNF
-- 平塚吉光(TEAM BRIDGESTONE Cycling)DNF
-- 沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE Cycling)DNF
-- 孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)DNF

最新記事

Article

前の記事へ 次の記事へ