TRACK

トラックの競技特性を知り尽くした2台

ワールドクラスのレースを戦い抜き、結果を出すために開発されたアンカーのトラックバイク。スプリント、ケイリンに代表される短距離種目のためのTR9と、パーシュートやマディソン、ポイントレースに代表される中距離種目用のTM8、競技特性に応じたレースバイクをラインナップする。日本ナショナルチームをはじめとするトップレベルの選手の使用を想定したTR9は、空気抵抗の軽減に配慮しつつも剛性に焦点を当て開発。カーボン素材とその積層を改善することで、短距離レーサーのパワフルなペダリングを受け止め推進力へと変換する「超高剛性」を手に入れた。一方の中長距離バイクであるTM8の開発にあたっては、剛性はもちろん、ライバルたちとの競り合いを有利に進める安定性も重視。同時に軽量化にもこだわりを見せ、瞬時の加速に対応できるレスポンス性の高い一台に仕上げられた。2台の高い戦闘能力は、近年の全日本選手権で男女ともに獲得してきたタイトルの数が表している。トラックを知り、優れた選手を擁するブリヂストンだからこそ生み出すことのできたピュア・レーシングトラックバイクの快進撃はまだまだ続くはずだ。

TR9の写真

ボリュームをもたせたバックステー

シートステーとチェーンステーにボリュームをもたせ、短距離トラックライダーの強大な出力を効率よく推進力に変換する「超高剛性」を手に入れた。

TR9のフォーク&ヘッドの写真

フォーク&ヘッド周り

フロントフォークとヘッド付近にも剛性を付与し、瞬間的なライダーのパワー入力にたわむことなく、前へ進む力へと変換する。

TM8の写真

軽量·しなやかな中長距離バイク

TR9と比較すると全体に細身だが、それは軽量化とフレームのしなりを利用した効率的な走りを追求したがゆえ。高い剛性の中にバネのようなしなやかさを誇る。

TM8のフロント部の写真

キーとなる安定性を生み出すフロント部

他のレーサーとの駆け引きも多い中長距離バイクには、高速走行時の安定性も重要なファクター。専用設計のフォークが安定性と加速性の両立を実現した。