ROAD RACING

推進力の最大化を目指すフレーム設計が進化

「常に勝利を目指し続ける」、そのコンセプトを忠実に再現するモデルが、アンカーのロードレーシングモデル群、RSシリーズだ。その開発の根底にあるのは、PROFORMAT〈プロフォーマット〉、すなわち推進力最大化を目指す設計。このPROFORMATが導き出した最高峰モデル RS9sはピュアレーシングバイク以外の何物でもない。RS9sの設計思想と形状を、異なる素材で実現したのが、アップデートしたRS8と、アルミ素材を使うRS6だ。RS8はRS9sと同じ設計に、標準的な弾性を持つカーボンを採用。軽さとしなりの心地よさにおいてはRS9sにはかなわないが、その分耐久性は高い。アルミを使うRS6は、RS9sの形状と性能をアルミの素材特性に最適化し、小気味良い反応性を獲得するとともに、耐久性とコストパフォーマンスの向上も果たしている。このように、同じ設計思想のもと作られるRSシリーズは、グラフィックもアンカーのレースモデルの証である〈レーススタイル〉をあしらい、戦闘力の高さを視覚的にも表現。走りの無駄をそぎ落とした、アンカーのレーシングモデルRSシリーズ。最速を目指すあなたの最高の相棒となる。

フレームの写真

設計思想をデザインにも

フレームの設計思想を視覚的に表現する《レーススタイル》はアンカーのレーシングラインに採用されるグラフィック。PROFORMAT採用のRSシリーズ全モデルで選択が可能だ。

ループエンド形状の写真

ループエンド形状

リア周りの高剛性としなりを実現するループエンド形状はMTBでも性能を実証済。

カーボン一体成型のエンド部の写真

カーボン一体成型のエンド部

高いカーボン成型技術により、フォークのエンド部までカーボン一体成型に。