CYCLOCROSS

シクロクロスレースで勝つためのバイク

CX6Dは、過酷なオフロード状況下の本格レースで活躍できる性能を実証したアルミ製シクロクロスバイクである。ハンガーを高めに設定することで、コーナーでペダルが地面に接触するリスクを軽減し、鋭い加速性能を手に入れた。近年のレースシーンで定番となったディスクブレーキを搭載し、雨や泥などの状況にも左右されない強力な制動力で攻めの走りをサポートする。アンカーのこだわりでもあるトレイル値を設定したフロントフォークは、キレのあるハンドリングを実現。軽量化はもとより、加速時の頻繁なハンドルの取り回しも軽くなり、より俊敏な反応性を手に入れた。シクロクロスレースでの減速加速に瞬時に反応するため、BB周辺の剛性をも考慮している。ケーブルのワイヤリングは前三角を内装化することでワイヤーホルダーを最小限まで削減。過酷なレースでも泥づまりや接触によるワイヤートラブルを防ぐほか、担ぎ時の握りやすさも向上した。33Cというシクロクロスならではのタイヤサイズのグリップ力と走破性、さらにはディスクブレーキの走行特性を活かしたCX6Dの万能性は、レース以外のライドでも存分に体感できる。

フレームの写真

フロントフォーク

フロントフォークの爪までカーボン製で軽量、かつ高い反応性を実現。悪路が想定されるシクロクロスレースにおいても、高い振動吸収性を発揮する。

フレームの写真

ケーブルの半内装化

ケーブル類は様々な組み方に対応可能な半内装仕様。レース中の泥づまりや接触によるトラブルを未然に防ぐ。