Pedelec 電動アシスト自転車

通学自転車を選ぶ際のポイントは、信頼できるお店で、自分にあったモデルを選ぶこと!
さらに、安全・快適な自転車通学のための設計や技術が採用された通学専用の自転車を選びましょう。
必要に応じで、オプションパーツを装着して快適な通学が出来るといいですね。

パンク対策について ~空気、パンクしにくいタイヤについて~

自転車においてもっとも身近なトラブルといえるのがパンク。なかでも多いのはタイヤに充分空気が入っていないまま段差などを通過し、リムがチューブを傷つけてしまう「リム打ちパンク」。
空気は自然に抜けていくものなので、空気圧は定期的にチェックしましょう。異物が刺さることで起こるパンクには耐久性を向上させた耐パンクチューブや耐パンクタイヤが効果的。これらを標準装備した自転車も販売されています。ブリヂストンサイクルには、空気圧が不足すると赤いサインでお知らせしてくれる「空気ミハル君」という名称のバルブ部に空気圧不足を知らせてくれる機構を採用した自転車もあります。また、タイヤの空気には段差による衝撃を和らげ、乗り心地を良くしてくれるという働きもあります。
一般にノーパンクタイヤと呼ばれるものは内部にウレタン素材などを入れてパンクを防止していますが、やはり空気入りタイヤに比べると、走りが重く、乗り心地が固いという弱点があります。