ニュースリリース・お知らせ

ニュースリリース

第22回 全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会
TEAM BRIDGESTONE Cycling 窪木選手・近谷選手 1位・2位獲得

ニュースリリース2018年06月19日

 TEAM BRIDGESTONE Cyclingは、石川県志賀町で開催された第22回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会に出場し、男子エリートカテゴリーにて、TEAM BRIDGESTONE Cycling 窪木一茂選手が1位、TEAM BRIDGESTONE Cycling 近谷涼選手が2位を獲得しました。窪木選手は、個人タイムトライアル種目では全日本初制覇となります。
 今後もTEAM BRIDGESTONE Cyclingの活躍にご注目ください。

 

5701-01
(写真中央 窪木選手 ・写真左 近谷選手)

 

5701-02

(窪木選手)

 

5701-03

(近谷選手)

 

大会概要・大会結果
大 会 名 第22回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会
期  間 2018年6月17 日(日)
開 催 地 石川県志賀町
使用機材 ブリヂストンアンカーRT9(窪木選手・近谷選手)
大会結果 ■男子エリート
 1位:窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE Cycling)
 2位:近谷涼(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

 

選手コメント

 本番前に現地で試走を重ね、ペースや力の配分、風向きへの対応など、試走の中である程度決め、準備を万全に行いました。そして本番ではそれらにひとつひとつ取り組み、着実に行いました。それがこの結果として現れたのだと思います。サポートあっての結果だと感じています。まだ優勝したという実感はありませんが、また来週(全日本選手権ロードレース)もありますし、それでいいと思っています。僕が目標とするのは、東京2020オリンピックのトラック競技でメダルを獲ることですし、今日の勝利はそのためのステップアップの一つだと思っています。(窪木選手)

 

 トラック競技をメインでやっている僕は、個人タイムトライアルのレース出場するのは始めてでした。今年はチームパシュートでアジア選手権タイトルも獲りましたが、それでどこまで行けるかは未知数でした。でも今日のレースでは、最後には『気持ち』というものを、全面に出して走れたと思います。ですから50分間、レースへ賭ける想いを強く持ち、最後は集中力で『気持ち』を繋げていきました。そういう面ではいいレースでしたし自信にもなりました。(近谷選手)

 

この件に関するお問い合わせは.....

 

ブリヂストンサイクル株式会社

 

<報道関係>

広報担当 末藤:yukari.suefuji@bridgestone.com

 

<一般のお客様>
お客様相談室 TEL 0120-72-1911

 

<ホームページ>
http://www.bscycle.co.jp ブリヂストンサイクル

販売店を探す

WEBカタログを見る

簡単なアンケートへご協力のお願い