ニュースリリース・お知らせ

ニュースリリース

ITU 世界パラトライアスロンシリーズ(2018/横浜大会)
谷 真海選手 優勝

ニュースリリース2018年05月17日

 ブリヂストンサイクル株式会社が機材サポートをしている谷真海選手が、ITU 世界パラトライアスロンシリーズ(2018/横浜大会)のPTS4クラスにおいて、昨年の優勝に続き、本年も優勝いたしました。
 詳しい大会結果はURL:http://www.jtu.or.jp/news/2018/180512-1.html 新しいウィンドウでリンク先を開く をご参照ください。
 今後も当社サポート選手の活躍にご注目ください。

 

5662-01

(上記写真中央 谷選手)

 

5662-02

(上記写真 谷選手)

 

大会概要
大 会 名 ITU世界トライアスロンシリーズ(2018/横浜大会)、ITU世界パラトライアスロンシリーズ(2018/横浜)
期  間 2018年5月12日~5月13日
開 催 地 神奈川県横浜市
使用機材 RT9 Frame(谷真海選手・秦由加子選手) 
RS9 Frame(上田藍選手)
大会結果 谷真海(エリートパラトライアスロンPTS4クラス)
秦由加子(エリートパラトライアスロンPTS2クラス)
上田藍(エリート女子トライアスロン)

 

谷選手 コメント

 守りに入らないレースをしようと心に決めており、途中で力を抜かないことを意識し最後まで走り切ったので、苦しかったです。バイクパートの強化には時間は掛かると思っており、まだスピード維持の面で課題があるなと感じています。いろいろなことが大会では起こるので、いかに焦らず、諦めずに走るかということに尽きると思います。

 

競技説明

 パラトライアスロンはスイム0.75km、バイク20km、ラン5kmの3種目を継続して行い、総距離25.75kmの合計タイムを競う。スイムからバイク、バイクからランへ移る「トランジション」にかかった時間も合計タイムに含まれ、障がいの種類と程度でクラス分けされ、そのクラスで競技の順位を競う。
※バイクパートではドラフティング(他の選手の後方に入り、風の抵抗を少なくする走り方)は認められていない。

 

この件に関するお問い合わせは.....

 

ブリヂストンサイクル株式会社

 

<報道関係>

広報担当 末藤:yukari.suefuji@bridgestone.com

 

<一般のお客様>
お客様相談室 TEL 0120-72-1911

 

<ホームページ>
http://www.bscycle.co.jp ブリヂストンサイクル

販売店を探す

WEBカタログを見る

簡単なアンケートへご協力のお願い