ニュースリリース・お知らせ

ニュースリリース

<子ども乗せ電動アシスト自転車 ビッケ ポーラーe>
2017年度 グッドデザイン賞を受賞致しました

ニュースリリース2017年10月04日

ブリヂストンサイクル株式会社(社長:関口匡一)の子ども乗せ電動アシスト自転車「ビッケ ポーラー e」がこのたび公益財団法人日本デザイン振興会主催「2017年度グッドデザイン賞」を受賞しました。
グッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。尚、今年度の受賞作品については11/1(水)~11/5(日)に開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2017(G展)」にてパネル展示される予定です。
 当社は、1966年の初受賞から数えて120点のグッドデザイン賞を受賞しており、1998年には、自転車メーカーとして初の『グッドデザイン大賞』も受賞。当社のグッドデザイン賞受賞の歴史は、スペシャルコンテンツ「GOOD DESIGN HISTORY」(http://www.bscycle.co.jp/design/)にて公開をしております。

 

GOOD DESIGN AWARD 2017年度受賞

 

評価コメント

安心安全な運転のための進化は勿論のこと、チャイルドシートの形状と自転車本体のデザインが見事に調和している。チャイルドシートは質感向上と操作性の追求が図られ、多彩なカラーリングオプションが特徴である。なかでもチャイルドシートの軽量化達成と片手操作が可能な調整機構などユーザー視点に立った様々な工夫の実現は評価に値する。

 

 

受賞作品概要

 bikke POLAR e(ビッケ ポーラー イー)は、「幼児2人同乗用自転車安全基準(社)自転車協会」認定、フロントに専用チャイルドシートを装着した子乗せ電動アシスト自転車です。

特徴は、安全性を高度に追求した子乗せ自転車専用設計。具体的には、低床設計のフレームに、前後20インチ小径タイヤと、専用フロントチャイルドシートを搭載しました。低床フレームは、またぎやすく、フロントチャイルドシートの位置も低いので、小柄なママでもしっかり視界を確保することが出来ます。また、20インチ小径タイヤ採用の低重心設計のため安定性が高く、さらに、フロントチャイルドシートがハンドルの回転軸の中心に来る専用設計とすることで、ふらつきにくく、自転車に不慣れなママでも安定した走行が可能です。加えて、“成長”をキーワードに新開発したフロントチャイルドシート「スマートシート」は、身長に応じて調整可能なヘッドガード・フットレストを搭載しており、各部のサイズ調整は、片手ワンタッチで操作可能。買い物バッグや、お子様のリュックで片手がふさがっていても簡単に調整することができ、日々、自転車に乗るママの使いやすさも追求しています。
スペシャルサイト:http://bikke-bikke.jp/polar/

 

 

 

この件に関するお問い合わせは.....

ブリヂストンサイクル株式会社

<報道関係>
広報担当 末藤:yukari.suefuji@bridgestone.com

<一般のお客様>
お客様相談室 TEL 0120-72-1911

<ホームページ>
http://www.bscycle.co.jp ブリヂストンサイクル

サイトマップ
開く/閉じる