今日は自転車の点検のお話。

この春、子乗せ自転車デビューされた方、1ヶ月が経ち生活のリズムにも自転車にも慣れはじめてきたころではないでしょうか。

この「慣れはじめた時期」に自転車の「初回点検」をオススメしています。(正確には乗りはじめの2ヶ月以内または100キロ程度を走行した頃)

なぜかというと、新車状態からある程度走って自転車が馴染んでくるとネジの締め直しやワイヤー類の調整が必要になってくるからです。

自転車は金属と金属をたくさんのネジで留めてカタチになっています。ブレーキや変速はワイヤーを引っ張って動いています。

ネジやワイヤーの材料である金属は馴染んでくると力のかかっている部分が伸びたり緩んだりしてきます。そのままにしておくと、自転車本来の性能を発揮できなくなったり部品の交換を伴う故障の原因にもなる場合も。

だから、そこを再度調整する「初回点検」を行うことで将来の故障の心配を減らせて自転車を長持ちさせることができるのです。

天気のいい日、街の自転車屋さんに点検してもらいに行ってみるのはいかがでしょう。きっとプロの作業にこどもの目はキラキラ。男の子は特に!

もしかしたら、上手な乗り方や普段のお手入れなど、長持ちのコツを教えてもらえるかも☆
http://bikke-bikke.jp/

small_5月12日.jpg

最新記事

前の記事へ 次の記事へ