重要なお知らせ

<フロントサスペンションホーク搭載自転車ご使用のお客様へ>
フロントサスペンションホーク点検実施のお願い

2013年07月05日

 

平素は弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
RST 社製フロントサスペンションホーク(2005 年以前に製造されたもの)を搭載した弊社製品をご使用中のお客様に、引き続き製品を安全にご利用いただくため、「お客様による乗る前点検」と「販売店での定期点検」を必ず行っていただきますようお願い申し上げます。
特に次のような場合には、必ず販売店で「定期点検」を実施いただきますようお願いいたします。
(1)長期間ご使用されず、再度ご使用される場合
(2)ダストブーツおよびダストシール等が破損したり、脱落したりしている場合

注意: サスペンションホークは構造が複雑な部品ですので、異常やご不明な点がありましたら、
お客様ご自身で分解・修理せず、必ず販売店にて点検・修理を行ってください。

 
 
 

 

〈対象車種〉

 

対象車種は次のとおりです。詳細は、対象車種一覧表をクリックしてご確認ください。

1998年までに製造されたTAILORMADE(テイラーメイド)の一部    
2001年までに製造されたTRANSIT(トランジット)の一部    
2002年までに製造されたSLUGGER(スラッガ−)の一部    
2004年までに製造されたFILA(フィラ)の一部  
2004年までに製造されたCROSS FIRE(クロスファイヤ−)の一部  
2005年までに製造されたEXPRESS(エクスプレス)の一部    
2005年までに製造されたANCHOR(アンカ−)の一部    
2005年までに製造されたMERIDA(メリダ)ブランド車の一部    

 

 
 

 

〈お客様による乗る前点検〉

 

前輪を10cm 程度以上持ち上げて(取扱説明書では、車輪を地面から浮かして)
下方に叩き、サスペンションホーク抜けの確認をお願いいたします。
抜け落ちた場合、またはその他異常を感じられた場合には、ご使用を中止して
いただき販売店へご相談ください。なお、フロントホークを交換される場合は、
保証期間が過ぎているため、フロントホーク交換の費用(部品代・交換工賃)
は有料となります。

 

 

 
 

 

〈販売店での定期点検〉

 

• フロントサスペンションホークの外観点検と内部点検を
実施いたします。点検は有料です。
• 点検の結果、フロントサスペンションホークに異常があり、
フロントホークを交換する場合は、交換の費用(部品代・
交換工賃)は有料となります。

◆外観点検の内容
(1)サンペンションホーク本体各部が破損していないか
(2)ダストブーツに破損・脱落はないか
(3)ダストシールに破損・脱落はないか

◆内部点検の内容
(4)スプリングが破損していないか
(5)スプリングが錆びていないか

 

 

 
 
 

 

〈点検作業時間〉

 

約20分
※状況により、受付・作業準備等でお時間をいただく場合があります。

 

 
 
 

 

〈フロントホークを交換される場合〉

 

点検の結果、フロントサスペンションホークに異常が確認され、フロントホークを交換される場合は、
保証期間が過ぎているため、フロントホーク交換の費用(部品代・交換工賃)は有料となります。
また、フロントホーク交換に際しましては、交換用部品を手配いたしますので、
部品入荷までの間お待ちいただくことをご了承ください。

 

 
 

ご不明な点は、下記へお問い合わせください。

 

 
 

販売店を探す

WEBカタログを見る

簡単なアンケートへご協力のお願い