BRIDGESTONE GREEN LABEL

どうして自転車ってこんなカタチ?タイヤの大きさで何がかわるの?
このパーツって何だろう?身近なのにいがいと知らない自転車のアレコレ、
選ぶときにふと気になる初歩的ギモンに、ブリヂストンがおこたえします。
知るほど自転車が好きになる(かも)。ジテンシャジテンのはじまりです。

なんのための自転車? 目的に合わせて様々なタイプの自転車があります。

ママチャリ
荷物も積める前カゴ自転車。老若男女、誰にでも乗りやすい仕様です。歩きより早い。
マウンテンバイク
名前のごとく未舗装の道路や山岳地帯の移動にベンリ。
クロスバイク
アスファルトで舗装された道路を走るのに最適です。
ロードレーサー
スポーツとしてのサイクリングをしたい人のための自転車。あなた次第でスピードが出ます。

...その他にもいろいろあります。

なぜその値段? 一般的に使われている素材とパーツに応じて値段がかわります。

丈夫だけど、
さびやすい。
アルミニウム
鉄より強度は劣る
けど、軽い。
カーボン
すごく軽いけど、
扱いがデリケート。

ギアってそんなに必要? ギアが多いと脚が疲れにくい効率のいいペダリングができます。

ギアが少ないと重いペダリングになりがち。脚がすぐ疲れてしまいます。ギアがたくさんあれば坂道でもこまめにチェンジすることで軽いペダリングができます。有酸素運動にもってこい。疲れにくく長く続けられるのでダイエット効果もずっと期待できます。

車体 重い?軽い? 軽ければ、快適にラクにこげます。

人力車に人が乗っていなければ引くのはラク、でも2人乗っていたらたいへん。軽い荷物で山を登るのはラク、でも重い荷物ではたいへん。自転車もおなじです。軽い自転車はこぎだしもラクラク。

タイヤ 太い? 細い? タイヤが太ければ接地面が広がり安定感ばつぐん!細ければ重量も軽いし接地面が小さく抵抗が少なくなるのでスピードを出しやすくなります。

マウンテンバイク - かなり太い
すべりやすい不整地でもしっかり地面をグリップする、とっても太いタイヤで
安定感ばつぐん。重いのでスピードはやや出しにくい。
ママチャリ - すこし太い
スピードよりも安定感重視、街乗りや買い物のスピードにはちょうどいい。
太めなのでパンクリスクは少ない。
クロスバイク - すこし細い
安定感、スピード、パンクリスクのベストバランス。
ロードレーサー - かなり細い
スピードは速い!でもパンクリスクはややあり。
ハンドルを取られやすいので路面状況に注意が必要。

パンク...? 替えチューブとフレームポンプ、パンク修理を覚えると安心!

クロスバイクやロードバイクの多くは車輪を専用工具無しで手でカンタンに外せる仕様になっています。たとえ出先に自転車店がなくても、チューブ交換や、パンク修理の仕方を覚えていれば安心です。

フレームに装着できる小さな空気入れに、パンク修理キットと交換チューブをサドルバックに入れておき、パンク修理講習会など日頃からチェックして練習しておきましょう。うまく修理ができなくても大丈夫。サイクリストはみんなやさしいからきっと手を差し伸べてくれます。

パンク...? 替えチューブとフレームポンプ、パンク修理を覚えると安心!

タイヤが大きい
直径が大きいのでスタートは重くなりますが、
スピードを維持しやすくなります。
スピード重視な方にオススメ。
タイヤが小さい
直径が小さいのでスタートは軽くなりますが、
出したスピードを維持しにくくなります。
小回りがきくので街中での機動性がばつぐん、
駐輪や収納もラクチンです。

「タイヤが小さくて進まないんじゃないの?」そんな不安もブリヂストンなら安心です。
ひとこぎで進む距離は大きいタイヤとほぼ変わらないようにギアを設定しているのでよく進みます。

英?仏?米? 空気の入れ口 3種類!

タイヤの空気の入れ口は、一般的なママチャリだと英式バルブ、スポーツ系のロードバイク・クロスバイクでは仏式バルブ、マウンテンバイクは米式バルブの3種類しかありません。ママチャリ専用(英式バルブ)の空気入れが多く、スポーツ系専用(仏式バルブ、米式バルブ)の空気入れの多くはアダプターで英式バルブにも対応していてマルチに使えます。

カゴ?泥よけ?スタンド? カゴ!泥よけ!!スタンド!!! 自分好みでプラス!!!!

スポーツ走行を重視したクロスバイクにはカゴがついていない。あ!スタンドもついていない。でもほとんどのクロスバイクは専用のカゴやスタンドが作られているので街乗り重視のあなたにも使いやすい一台にできるんです。

ブリヂストン純正オプションパーツなら、ぴったり装着でき安心安全です。あなた仕様にカスタマイズしちゃってください。

正しい姿勢とは? スピード、距離、レベルにあったグッドな姿勢

ママチャリ
ゆっくり走るから身体にラクな姿勢がいい。荷物が多いし止まることも多いから、脚がしっかり地面につく高さにサドルを設定しましょう。

クロスバイク
スポーティに走りたいなら軽い前傾姿勢。ハンドルを引ひたり押したりしやすくなります。サドルを少し高めにするとペダルに力が入りやすくなりますが、普段使いもするので、ほどほどに。

ロードバイク
速く走りたいなら空気抵抗が少なくなる低い前傾姿勢がグッド。力が最も入るサドルの高さはみんなが思っているよりも高め。体力レベルに不安があればクロスバイクの姿勢でも全然OK!

出すスピードや走る距離、もちろん体力レベルによっても変わります。
カッコイイからって無理して低い姿勢は危険です。

気持ちよくなる自転車は? α波...?感じるならクロスバイク・ロードバイク!

自転車のプロライダーたちによると、長距離の有酸素運動をしていると脳が急激に働きだして信じられないアイディアが溢れ出す時があるらしい。心身がリラックスしている時や、何かに集中している時に出ると言われる脳のα波...?かもしれないそうです。

軽くてギアもたくさんあり長距離サイクリングに適しているクロスバイクやロードバイクに乗って体験してみるなんていかがですか?

見た目も大切? 洋服のようにあなたに似合う自転車を選びましょう。

自転車のルックスもあなたの一部。洋服のように似合うデザインを選べば、毎日がもっとウキウキするはずです。

ブリヂストンなら強度、耐久性、安全安心が全ての自転車でおなじように保たれているので、おもいっきりデザイン重視で選んでもダイジョーブ。笑顔になれて寄り道しちゃう、ハナウタ歌ってしまうくらい好きな自転車に出会えますように。

長く乗り続けるには? こまめな掃除と注油、自転車店での定期点検も。

少し気を使ってあげるだけで、自転車の寿命は格段に長くなります。
どんなメンテナンスが必要なのか、買う時にお店に聞いてみてください。

自分でできそうであれば、メンテナンス自体も楽しむのも良し、
難しいと感じたら、自転車屋さんに定期的にお願いしましょう。

さびないだけじゃない、最新ベルト「カーボンベルト」。ウレタン樹脂とカーボン心線でできている最新のカーボンベルトは、伸張性が少なくてチェーン顔負けの伝動効率がすごい。だからスポーティに走りたいクロスバイクにぴったり。素材が鉄じゃないからさびの心配はなし。しかも注油が必要ないからメンテナンスもラクなんです。ブリヂストンの最新技術がココに。ブリヂストンのカーボンベルトについて詳しくは http://www.beltdrive.jp

盗まれないためには? カギをかけることはもちろん、駐輪する場所にも気をつけて!!

スポーティかつスマートに走りたいクロスバイクには、カギがついていないタイプもあります。デザインや安心感など自分にあったカギを必ず用意しましょう。

U字、ワイヤー、チェーンなど、頑丈なものから携帯タイプまでさまざま。暗証番号を設定するものや防犯性の高いテンプルキーなどもあります。前と後ろのタイヤをフレームと一緒にロックするとさらに安心。

実は多い自宅の駐輪場での盗難!油断せず、とめる時には必ずカギをかけましょう。最強の防犯対策は、家の中に入れてしまうこと。折りたたみ自転車なら限られたスペースでもgood。おしゃれなデザインならインテリアにも!マンションならエレベーターで運びやすいスポーティな軽量タイプがおすすめ。

折りたためる自転車は? いろいろな方式でコンパクトに折りたためる自転車。

横折り方式
車体を横に折りたたむ一般的な方式。
車種によってはハンドル部分も折りたためます。

縦折り方式
車体を縦に折りたたむ方式。
縦長になるので置くスペースを小さくできます。
※その他いろんな方式があります。

折りたたみ構造は、コンパクトさを重視するミニベロ(小径車)に多く採用されています。持ち運べたり、車に積めたり、室内に置けたり。今すぐ折りたたむ必要がなくても、念のためにあるとうれしい機能です。

「折りたたみ方が難しそう。 走行中に折りたたむ部分が外れたり折れたりしないか不安...」大丈夫!!ブリヂストンなら簡単、さらに安全安心です。工具なしで折りたためて、走行中に外れる心配もない安全のツータッチ(2重)構造。厳しい強度耐久試験をクリアしています。

輪行(りんこう)って何? 自転車を専用の袋に入れて公共交通機関で運ぶこと。

工具なしで、タイヤの取り外しができるクイックリリースレバーならクロスバイクだって袋に入ります。折りたたみ自転車ならタイヤを外さずに折りたたむだけOK!

クロスバイク輪行よりもっと小さくなります。さらに、折りたたんだり前後のタイヤを外したりしてマイカーに積めば、行動範囲がぐっと広がります。

持ち込める輪行サイズや条件は各公共交通機関で異なるので注意が必要です。