ブックタイトルBRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1

ページ
99/132

このページは BRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1 の電子ブックに掲載されている99ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

BRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1

974月17日 4km 個人パーシュート 4 位トラック競技の全日本選手権は、4月16 ~ 17日に行われた。場所は静岡県・伊豆修善寺、東京オリンピックのトラック競技会場としても目される伊豆ベロドロームである。ブリヂストン アンカー サイクリングチームからは、現在唯一のトラックチーム員、一丸尚伍が4km個人パーシュートとポイントレースに出場した。4km個人パーシュートの予選は、トップ4が決勝に進み、1位 vs 2位、3位 vs 4位 といった形で争うもの。その予選での一丸の結果は5位。予選落ちか!とがっかりするも、4位に入った選手が走行違反で失格。なんとか4位に滑り込み、決勝進出を果たした。3位決定戦となる決勝前半でのペースは良く、快調に脚も回っていたが後半、「決勝ではギアも重めにして、予選よりも速いペースで走り続けましたが、徐々にタレました」その結果は総合4位。表彰台にも手が届かないという結果に。「これは今の実力かなと思いますが、タイムにはがっかりします」悔しそうに語る一丸は、クールダウンのためのローラー台まで歩きながら、サポートから渡されたタオルを、ヘルメットを脱いだ頭にすっぽり被せている。4月18日 ポイントレース 4 位二日目に出場するポイントレースとは、20 ~ 30名ほどが一斉スタート、10周ごとでの順位でポイントを獲得、その合計を競うもの。レース序盤から、一丸は目立って動いた。最初2回のポイントは見逃すも、一丸ならではスプリント力でまくり上げての1位を2度獲得。一丸の速さに観客は湧く。しかしその直後から他選手の一丸へのマークは厳しくなり、ポイント周回直前では一丸の後ろに選手が並ぶ。一丸はマークをかわしきれず脚は疲労を重ねる。その後は大きなポイントを稼げず、結果はこの日も4位であった。4位という結果は残念だったが、このレースでの一丸は、確実に会場を盛り上げる走りと速さを魅せていた。JAPAN NATIONALCHAMPIONSHIP TRACK2016 全日本トラック選手権、一丸尚伍の2日間