ブックタイトルBRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1

ページ
24/132

このページは BRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1 の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

BRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1

22フレームとしての感覚へ戻す。PROFORMATとは、この解析プロセスすべてを総称する、最新のフレーム開発システムの一部である。フレーム造りで目指すのは一つ、 最適化ブリヂストン中央研究所とは、(株)ブリヂストンの研究部門。社の主な製品である自動車用タイヤをはじめとするさまざまな製品の開発研究を行っている。なかでも専門である分析と計測、そして予測解析(シミュレーション)には数多くの実績とノウハウを重ねてきている。このアンカーとブリヂストン中央研究所との共同研究により、自転車選手が感覚として感じている『求められる性能』を、これまで以上に正確に解析、数値化することが可能となった。バイクにかかる応力だけでなく、伝達効率、素材、空力、形状、寸法、人、強度、剛性、重量などをトータルで考慮し、人が自転車に乗ったときの感覚を精緻に数値化する。こうした総合的なシミュレーションを行い、“レースアンカーはこれまで長きにわたり、走りを数値化し、フレーム作りにフィードバックすることを命題としてきた。自転車というプラットフォームの中に無数にある、わからないことを一つ一つ理解する。これを数多く繰り返し、理想とする走りを追い求めてきたのだ。自転車の開発というのは、とても小さな変化を見つめていく作業である。しかし、その小さな変化を評価するのは、あくまで乗り手の感覚。経験を多く積んだ開発陣であっても、テストライダーの感覚を言葉にした評価を数字に変換し、次のプロトタイプの設計効果を推測するしかない。これまでの自転車開発の多くには、このような経験値や推測、感覚や言葉という、言わばあいまいな評価に頼る手法が取られてきた。その自転車開発の研究手法を一つ上のレベルに上げたのが、アンカーとブリヂストン中央研究所が共同で創り上げた推進力最大化解析技術『PROFORMAT』だ。自転車の推進力、すなわちペダルを漕いだときのエネルギー効率を最大に高めるため、フレーム各部の細かな変化や変形を数値データとして拾い上げる。そこから生まれた設計理論を、実際のPROFORMATブリヂストン中央研究所と共同開発した新思想ライダーが乗車した状態で、フレームの変形や応力などを細かく調べていく。