ブックタイトルBRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1

ページ
103/132

このページは BRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1 の電子ブックに掲載されている103ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

BRIDGESTONE ANCHOR 2017-AN1

101セレクトパーツアンカーの各モデルには《セレクトパーツ》という、標準で装備されるパーツをあらかじめ交換できるシステムがある。これは、乗り手に合ったサイズへの変更だけでなく、パーツごとのグレードアップもできる仕組みである。例えばホイールだけのグレードをアップしたいという場合にも、追加差額で可能。またバイクには、厚みの異なる2種類のヘッドキャップが付属する。これは、フィッティングシステムで導き出されたポジションを出すために、ステムの高さを調整するスペーサーを、好みの配置で使えるようにする配慮だ。パーツの性能すらも、乗り手の好みに合わせたマッチングができる。これもアンカーのパーソナルマッチングが誇る仕組みである。これらパーツのセレクトが終わり、乗り手と性能とのマッチングが決まれば、次は色という選択、カラーオーダーというマッチングシステムが待っている。パーソナルマッチングとは、言葉通り乗り手にバイクをマッチさせること。つまりフレームに対して、乗り手をどこに位置させるのがベストなのかを導き出すことだ。それを決めるのは、乗り手の体格やスキルに合わせたサドル位置、ハンドル幅、ステムの長さといった、バイクを構成するパーツすべての組み合わせ。アンカーが理想とするポジションは《フィッティングシステム》というシステムを使って導き出す。加えて《セレクトパーツ》にて、ハンドルやステムといったパーツを乗り手に合ったサイズにあらかじめカスタマイズすることも可能だ。バイクの購入後に改めてパーツを交換するという無駄をなくせるのも、パーソナルマッチングの利点だ。2016年にアンカーは、新たな技術革新を成し遂げた。PROFORMATの開発である。ライダーの感覚を物理的な現象として数字で読み取れるこの解析技術は、アンカーの設計理論をそのままフレームにした。そしてこの理想の走りをライダーそれぞれの体形、乗り方と好みに合わせるパーソナルマッチングにつながっていく。アンカーは常に最新の設計思想と最適な素材で理想のフレームを作り、好みを反映させ、乗り手に届ける。それがアンカーの考え方の基本思想であり、誇りである。パーソナルマッチングハンドルロードバイクのハンドル幅は360mm、380mm、400mm、420mm から選択可能。ハンドル幅は、肩幅サイズや操作感の好みなどで、ジャストフィットなサイズは変わる。ステムロードバイクのステムは、70~110mm の範囲、10mm 刻みで選択可能。ステアリング性に関わるパーツでもあり、短めはクイックな操作性に、長めは安定性が増す。ギアクランク /スプロケットフロントのギアクランクの歯数、リアのスプロケットの歯数も好みの選択が可能だ。歯数の差の大きなロングライド用、差の小さなレース仕様などを選べる。シフターロードバイクの一部モデルでは、従来型の機械式変速と、昨今登場し、普及し始めている電動式変速へのアップグレードに変速関連パーツを選択できる。ホイール車体全体の走りの質に大きく関わる、ロードバイクのホイール性能。高質なホイールであるほど走りは快適に、あるいは軽くなるというのが大まかな捉え方だ。タイヤロードバイクの一部モデルでは、タイヤのカラーも選択可能だ。タイヤはバイク全体のカラーリングの中でも大きな範囲を占める、カラーにもこだわりたい。ペダルペダルは個人的な好みが大きく作用するパーツであるため、ペダルなしを標準とするモデルもある。もちろんセレクトパーツの一つとしてペダルも用意する。フィッティングシステムの大まかな流れ01 乗り手の股下を測る乗り手の股下を測定することから、乗り手の大まかなサイズ測定を始める。02 主な使用目的を選ぶ競技志向レース、ヒルクライムレース、エンデューロレース、ロングライド、シクロクロス。これら目的項目から、乗り手が走りたい最も大きな目的を選ぶ。その指針に沿って、細かなポジション設定を行う。03 乗り手のレベルを選ぶ乗り手のレベルにより、最適な腰の角度が変わってくる。例えば初級者は、筋肉が発達していないため、前傾姿勢のゆるい浅い腰の角度の方が乗りやすい。一方で上級者には、前傾姿勢を強調したポジションが勧められる。04 フレームサイズの決定と微調整ここまでのデータを基に、フィッティングシステムが適切なフレームサイズ、ハンドル位置やサドル位置などの推奨データを明示する。乗り手はこれを専用フィッティングマシンを使って店頭にて体感し、微調整を行える。05 セレクトパーツのサイズを選択フィッティングシステムの推奨値には、ハンドル幅、ステム長、ギア比といった《セレクトパーツ》にて選択できるパーツのセレクトも含まれる。これを基にパーツ選択も行い、自分ならではの設定を決定する。セレクトパーツの種類 ※モデルにより適応するパーツは異なります50-45°初級レベル40-30°上級レベル45-40°中級レベル