トップページへ戻る

アンカーRL8

軽快な走行性能を際立たせ、ヒルクライムやロングライド、
ロードレースまで幅広く対応するマルチロールバイク。

■ 製品名:アンカーRL8

■ 発売日:2012年11月下旬

受賞商品の概要

RL8は「Luxury」をコンセプトに、全てのライディングスタイルで快適な走行性能を発揮するマルチロールバイクとして開発された。
ロードバイクとしての運動性能と、快適な乗り心地を高い次元で両立させると共に、飽きの来ないスタイリングを求めていくことが開発テーマとなっている。

審査委員の評価

フレーム単体重量960gという軽量カーボンフレームに象徴される、走行機能向上への意欲をまず評価したい。
丁寧に作り込まれたディテイルにも自転車を少しでも進化させようと言う意識が反映されているようで好感が持てた。

デザインについて

「身体・人間」の視点 RL8には6サイズのフレームサイズが用意されており、最低対応身長は140cm。これにより身長が低いライダーでも適正な乗車姿勢を確保することができる。また、フレームのジオメトリーもレースモデルのRIS9に比べ、ややアップライトで楽なポジションがとれる設計となっている。
「生活」の視点 日本人にとって最適なジオメトリー、そしてレーシーなフィーリングと快適性を両立したフレーム剛性は身体への負荷を大幅に軽減し、ホビーライダーは無理無くロードバイクに乗り続けることができる。RL8は継続性の高いロードバイクライフを提供する。
「産業」の視点 ワイヤー類の内装化について、操作時の引きの重さを軽減するためにワイヤーラインを考慮したRL8専用設計となっている。またシフトワイヤー用の開口部は加工方法から専用に開発。従来の内装モデルに比べ加工が効率化し、品質向上も実現している。
「社会・環境」の視点 自転車はCO2を排出しないことから、地球温暖化問題に最も配慮した乗り物である。RL8のマルチな性能はシティーコミューターとしても利用価値が高い。通勤など身近な使用状況に適応するロードバイクであることはロハス性の高いライフスタイルを提供できる。

アンカーRL8 スペシャルサイト

アンカーRL8 スペシャルサイト