トップページへ戻る

アルベルトe

“国内初”ベルトドライブを採用した通学用電動アシスト自転車

■ 製品名:アルベルトe

■ 発売日:2015年2月下旬

受賞商品の概要

国内初となる、ベルトドライブを採用した電動アシスト自転車。新たに開発したフロントモータードライブ(前輪)と、ベルトドライブ(後輪)を組み合わせた、両輪駆動の電動アシストシステム「デュアルドライブ」を搭載。2つの駆動により、悪路に強い走行性能を実現。ベルトドライブは、注油不要のローメンテナンスと、チェーンと比べて故障が少ないのが特徴。加えて、今回採用しているベルトはカーボン繊維を織り込んでおり、チェーン同等の伝達効率を実現。後輪に踏込の力をダイレクトに伝達します。 前輪に組み込まれたモーターが、パワーをダイレクトに地面に伝達。力強い走りを実現しました。

審査委員の評価

過不足はないという程度の仕上がりであるが、乗り心地がいい。ベルトドライブによる電動アシストは、加速感がスムーズで快適。パーソナルモビリティの根幹として、今後自転車がますます重要になる。そういう意味で、乗りやすさを志向して進化し続けるデザインは応援したい。

デザインについて

デザインコンセプト 先進的かつスマート、パワフルなベルトドライブ電動アシスト自転車
背景 近年、原油高の影響や環境志向、そして、健康志向の高まりを受け、電動アシスト自転車の需要が伸長しています。最近では中高生の通学シーンでも利用されており、そうした通学シーンでの需要の高まりを受け、累計販売台数100万台を突破した通学自転車ブランド「アルベルト」より、通学用電動アシスト自転車として新たに開発しました。
企画・開発の意義 地方では公共交通が廃止されたり、バスの便も少なく、部活動や勉強に影響が出ている地域もあります。その解決策の一つが電動アシスト自転車ですが、通学用途となると、毎日の使用、長距離走行、多くて重い荷物等、タフさが求められます。アルベルトeは走りの軽さ、スムースな駆動性能、メンテナンスフリーを実現。それにより安心して、毎日通学をすることができます。
創意工夫 フロントモータードライブ(前輪)と、ベルトドライブ(後輪)を組み合わせた、両輪駆動の電動アシストシステム「デュアルドライブ」を自社で新たに開発しました。 ベルトドライブは、注油不要のローメンテナンスと、チェーンと比べて故障が少ないのが特徴です。加えて、ベルトにカーボン繊維を織り込むことで、チェーン同等の伝達効率を実現。後輪に踏込の力をダイレクトに伝達し、 前輪に組み込まれたモーターが、パワーをダイレクトに地面に伝達。力強い走りを実現しました。 しかし前ハブモーターの電動アシストの場合、前輪がスリップしてしまったとき、ペダルに負荷がかかっているとアシスト力がかかり前輪が駆動し続けて余計にスリップしやすくなってしまいます。そこで、前輪が空転を検知した瞬間にアシストを抑える、スリップ制御システムも新たに開発して、どんな路面状況でも走行できるようにしました。
デザイナーの想い 従来の電動アシスト自転車とは異なり、システムや構造的にも普通の自転車の感覚に近いのが特徴です。音も静かでメンテナンスフリーな駆動でもあるので、形状だけではなく、各インターフェイスも含めて、シンプル・スマート・ストレスフリーであることを目指しました。ハンドルから手を離さずまた感覚的に操作できるメインスイッチ。バッテリーの残量表示や、ボタン、キーの位置、充電器等、システムにも関わりデザインしました。

アルベルトe スペシャルサイト