トップページへ戻る

3人乗り(幼児2人同乗)対応チャイルドシートRCS-S1

3人乗り(幼児2人同乗)対応チャイルドシート

■ 製品名:RCS-S1

■ 発売日:2014年10月上旬

受賞商品の概要

自転車後ろ乗せ用オプションチャイルドシート。リーズナブルな価格でありながら、幼児二人同乗基準を満たす十分な安全性とサイズを備え、かつ従来品よりも1kg以上の軽量化を図り、総重量3.1kgを実現しました。ヘッドガードまで一体としたシンプルなデザインで、どんな自転車にも合わせることができます。5点式シートベルト、ワンタッチ脱着バックル、2段階調整機構付き足乗せを装備。

審査委員の評価

日本中で毎日子供たちを運んでいるチャイルドシートの新しいスタンダードとなる製品である。従来品ではサイズ調整のため別パーツ構成となっていた背もたれが、この製品では一体成形に変更され、コスト低減、軽量化とシンプルなデザインに寄与している。機能の取捨選択により、子育ての生活感を感じさせない製品に仕上がっている。

デザインについて

デザインコンセプト 高い安全性と快適性を備えた最軽量チャイルドシート
背景 従来品は機能は充実していた反面、部品点数が多く組み立てに手間がかかり、かつ重量があった。そのため軽量化と組み立てやすさを追求。幼児二人同乗基準を十分に満たすように安全性にもこだわりました。
企画・開発の意義 最近はネットでチャイルドシートを購入して、ご自分で取り付ける親御さんも多くなっています。従来品は機能は充実していた反面、部品点数が多く組み立てに手間がかかり、かつ重量があった。そのため軽量化と組み立てやすさを追求。幼児二人同乗基準を十分に満たすように安全性にもこだわりました。
創意工夫 幼児二人同乗基準を満たし、非常に軽量でありながら、安全かつリーズナブル。相反する要求項目を実現するために、各部の寸法や構造を一から見直しました。背もたれを底面から一体構造にして、底面で分割することで剛性を確保しつつ全体を軽量化。また中空ハンドルや、樹脂ナット等を成形技術で実現。一方で安全性には重量増を厭わずにこだわりました。しっかり装着してもらうことを狙い、バックルには金属インサートを用いて、スムースな脱着性と耐久性を確保した5点どめシートベルトを採用。3.1kgという軽量でありながら、高い安全性と快適性を備えたチャイルドシートを実現しました。簡単にかつしっかりと組み立てられるうように、形状や部品構成、組み立てマニュアルにもこだわりました。
デザイナーの想い 近年、チャイルドシートは3人乗せ基準を満たす一方、重量が大きくなっていました。軽量化を目指す一方で、お子様は安全に守りたい、また剛性落としたくない、組み立ても楽にしたい、でもリーズナブル。そんないろんな要求を満たした、使いやすいチャイルドシートを提案して、子育てに貢献できればと思います。

RCS-S1 スペシャルサイト